結果は行動の結果です。

結果を変えるには行動を変えるしかありません。毎日、同じ行動をしているのに、結果を変えたいというのは「狂気」の範疇に入ります。

ところが多くの人は行動できないのが現実なのです。
そのひとつに悪しき習慣があります。自分で過去の習慣に縛り付けているのです。それを繰り返していると、考えるようになります。

「自分は出来ない人間なんだ」

そしてレッテルを自分自身に貼付けます。

狂気もここまでいくと、もう立派な精神病です。
それを伝えると、今度は「自分は精神病なんだ」と言い出す始末です。

お分かりですか、一度自分に「できない自分」というレッテルを貼ってしまうと、はがせなくなるのです。

そのひとつに悪しき習慣があります。自分で過去の習慣に縛り付けているのです。それを繰り返していると、考えるようになります。

「自分は出来ない人間なんだ」というレッテルを自分自身に貼付けます。

狂気もここまでいくと、もう立派な精神病です。

それを伝えると、今度は「自分は精神病なんだ」と言い出す始末です。

お分かりですか、一度自分に「できない自分」というレッテルを貼ってしまうと、それをはがせなくなるのです。

それでどうするかというと、またまた情報を探しに行きます。何を言っても結局は同じことをしているだけなのです。

そして次はどうなるか、不安を抱えて一日過ごすのです。

その間、やるべき事を1ヶ月先送り、半年先送りが当たり前になってしいきます。こうして時間が過ぎて行きます。

ほとんどの人は自分一人でこの悪習を克服することは不可能です。因果関係が複雑に絡んでいて、もつれてほどけない糸のようになっているのです。

自分を行動する状況に追い込んでくれる人が必要なのです。

そうしないと、目標達成どころか怒りのストレスに自分が絶滅してしまいます。

444 のコピー

maruwakari