c61d9e181c9b2e3658507670e8d8dd50

たとえば昔は銀行で販売する商品は限られていました。ところが1998年の規制緩和で元本割れの可能性すらある商品の販売も可能になりました。このように選択肢が増加した一方で私たちの人生の過ごし方も大幅に増え100人いれば100通りあるように変わりました。自由だけれど自己責任が付いて回るようになりました。

知識で武装することが必要になったと言えます。その一方で私たちに与えられた時間は依然として24時間です。結局時間の使い方がすごく重要になったのです。

 

私たちの最大のサービス、つまりミッションは限られた時間を有効に使うお手伝いをする「街のよろず屋」さんになることです。

 

誰もが勉強しなければ置き去りにされるのがいまの時代ですが、だからといって万人にそれを求めるのにはムリがあります。共働きをしながら子育てをする女性に24時間は緊張の連続です。昔の教えとやり方を守って来たご高齢の方々に求めるのもムリがあります。変化が激しい現代を生きるビジネスマンに完璧を要求するもの酷です。

 

私たちは不足する時間から生み出される貴重な時間を凝縮された時間に置き換えて、お客様に提供します。お客様が必要としている100時間を1時間にするのが仕事だと考えています。具体的にいえば選択に困っている方々に選択しやすいようにしてさしあげるのが私たちの仕事なのです。

人生は選択の連続です。情報化社会はメリットをもたらす反面、漠然とした不安を強めるデメリットがあります。漠然というのは実に厄介です。不安になるには理由があるはずですが、理由が分からないと解決のしようがないからです。

私たちはこれを念頭に置いて不安払拭にあたります。想像していただくと分かると思いますが実際のところ大変な作業ですが、原因となる問題を見つけて解決するための処方箋を書きます。そうしてお客様に主体性を持って選択していただけるようにします。不安を夢に変えていく。これがお客様が必要としている100時間を1時間にするという意味です。

9253168cd88acc789ba8d30a5ca7470b