英語本をひたすら読む、スピードラーニングは、イメージが脳が出来てからです。つまり英語脳を作り上げてからのことです。英語脳とは日本語を全く使わない状態の脳です。

これを日本語脳と別に作ります。学校英語は、英語を日本語で考えるやり方で、これが長く日本人に英語苦手の意識を作ってきました。

しかも文法が追い打ちをかけました。文法を覚えるほど英語が苦手になるというのは、本末転倒です。

文法も単語と同じく丸ごと記憶します。
丸ごと記憶するのは、日本語を一切使わないためです。その代わりにイメージを使いますが、どしても説明がないと分からないから場面に出くわします。

このとき、日本人なら国語辞典を使いますが、英語も同じで、英英辞典を使います。決して英和辞典、和英辞典は使いません。

そして日本語と英語の違いにも留意します。日本語は同じ音で漢字が違う場合が多々あります。英語の場合には、音もスペルも変わってしまうので、使う単語が違うと全く通じなくなるか、誤解を与えてしまいます。

これも日本語対訳で使うと混乱しますが、イメージでつかんでおくと間違いが減ります。

こうしてごちゃ混ぜにしないことによって、バイリンガルになります。バイリンガルになるには柱になる母国語をきちんと作ることです。

戦争の被害によって、毎年住む国を変えた児童がいましたが、彼は考えることが出来なくなってしまいました。思考する言葉を持たなくなったからです。

五カ国語を自在に使う人も、それぞれ5つの脳を持っていて、きちんと区別しているので自在にスムーズに話せるのです。