【自分を育てなおす〜英会話、自宅留学3ヶ月】

<英会話力>を育てなおします。
ただし3ヶ月でOK、3ヶ月以上かけると逆にマスターできません。大事なのは毎日やること。

英会話に挫折する理由は、なんだと思いますか?聞き取れないからです。

<英会話力>は学問でも知識でもありません。英会話に挫折する理由は学問と会話力がチャンポンになっているからです。その代表が文法です。文法をいちいち考えていたら誰でも話せなくなります。アメリカの子どもがいちいち文法を考えながら話していると思いますか?文法は学問です。学校英語はずべて学問ですので全部捨てます。つまり英語から日本語を全部追い出します。一切使わないようにします。

そうすると、どうして理解するんだと思う人がたくさんいますが、心配ありません。自宅留学3ヶ月でネイティブと英会話ができるように育てなおします。

英語が聞き取れない、話せないのは、イメージがないからです。

母国語であってもイメージのない言葉は理解できません。たとえば時代劇で使われている言葉が分からない人がたくさんいます。年配の方なら理解できます。年配の方はイメージと結びつけることができるからです。

日本語でも英語でもイメージがあるから言葉は理解できます。これが会話力のすべてです。
このワッフルの写真を見て、単なるワッフルには見えません。THANKSの一言に笑顔が見えます。これがコミュニケーションです。会話はイメージですす。

その証拠にイメージのある英単語は聞き取れます。話すこともできます。英語と日本語がチャンポンになるのは、イメージを言葉に置き換えようとしているからです。だからイメージのある部分だけが聞き取れます、話すこともできるので、チャンポンになってしまいます。しかしこのやり方で留まっていると相手に迷惑をかけるので、【自分を育てなおす〜英会話、自宅留学3ヶ月】で次のステップに引き上げます。

英語が聞き取れない、話せないのはイメージができていないからです。大人なら日本語でならイメージがありますので日本語に置き換えようとします。これが英会話では災いします。

とにかく日本語を入れない、使わないようにします。

そのためにもまず、英語でイメージを作ります。

単語力を身につけます。単語は知識ではありません。つまりイメージがないまま、日本語対訳で覚えても使い物になりません。なぜなら英会話では日本語を一切使わないからです。もし使えば会話の速度についていけなくなり、途中で嫌気がさし、途中で「もう無理!」と考えてしまうからです。ここで挫折します。

そうならないように、まず<単語力>を養います。
<単語力>は知識ではありません。女子力と同じで使える力です。

単語の使い方はスペルを記憶することではなく、イメージできること。文盲でも英語を話せるネイティブはたくさんいます。彼らは音とイメージがリンクされているから聞き取ることができ、話せることもできるのです。赤ちゃんと同じです。日本人が英語が苦手なのは、中学から大学まで永く知識として取り込もうとしているからです。一般に英会話は学問ではなく使えることが目的です。

単語力ではまず3000語をイメージできるようにします。3000語で95%の会話ができます。つまり毎日続けて1ヶ月の学習で95%の会話ができる基礎体力になる<単語力>が身につきます。ただし単語だけなのでまだ話すことはできません。でも大丈夫、2ヶ月を過ぎると話せるようになっていきます。

 

659a717cdfe610bb7d255b3616a82221