28c018dd570d8324fef4b71723550f9e

現在日本では国家予算90兆円のうち、医療費が30兆円、なんと1/3を占めています。

ますます進む<高齢化&少子化社会>にはこれを支える税収を賄える力がなく、大逆転が起こらない限り資金ショート一直線でドライブしています。

そこで現在進んでいる対策が次の2つです。
1)増税
2)福祉・医療費削減

どちらも国民にはぼやっとしか受け止められていないようですが、実態はかなり深刻で医療費負担100%の時代が来ないとも限らないのです。そんなことにならないように税収アップにあの手この手を尽くそうとしています。よく理解して、政府の舵取りを批判するだけでなく背中を押してあげることも必要な時代だと言えます。1億2千万人、総ボランティア時代を迎えたのです。

現在も病気の早期発見で医療費を抑える努力を国、自治体で行っていますが、国民としてできることは、病気にならない身体づくり、自己治癒力を高める努力です。誰も好き好んで病気になりたい人はいませんが、それでも自己破壊的な暮らし方は自分を蝕んで行きます。

裏返せば幸福な人生の過ごし方を真から求めることです。

ところが人間は身も心も複雑なメカニズムを持っているので、簡単には言行一致といかないものです。一部のポジティブな人を除くと、「したほうが良い」と分かっていても、面倒くさい、不安だから、といった理由でするべきことを先送りする性質があります。これを否定してみたって仕方がない。

ともかく増税を批判するのではなく真正面から向かい合うこと。
病気しない身体、自己治癒力を働かせることのできる心を創っていきましょう。それが幸福になる方法とぴったり一致しているのですから。