【自分を育てなおす〜英会話、自宅留学3ヶ月(2)】

前回、英語が聞き取れない、話せない原因は、イメージがないからだと、しつこいほどお話しました。

ですからイメージがないのに、スピードラーニングをしても無駄です。本を読むのも同じです。日本語で考えるなと言ってもイメージがないので、唯一わかる日本語を使ってしまうのです。そうでないとチンプンカンプンだからです。これが命とりになってしまいます。

日本語を使ってもスピードに追いつかないのでわからなくなります。
スピードラーニングをしても無駄です。本を読むのももっと後です。大学までの英語学で身につけてことも一旦オールクリアする覚悟で取り組みましょう。

最初は、イメージを作るしかありません。

幼児向けの英会話保育園では、現物を見せながら教えています。しかし幼児には日本語と英語を使い分けるスキルがないので、効果的とは言えません。
日本語は日本語として正しくマスターすることが大事です。母国語は考える点でも伝える点でも欠かせないないからです。英語はコミュニケーション能力を強化するためと割り切って英語力をつけていきましょう。

英単語は、世界中の赤ちゃんがしている要領で記憶します。音とイメージをリンクさせて記憶します。まずひたすら3000語です。スペルを記憶するのではなく音とイメージだけで、最初は文盲でOKです。これを1ヶ月でマスターします。テキストは児童向けの絵本のような辞書を使います。アマゾンで入手できます。

http://www.amazon.co.jp/…/obidos/ASIN/962…/genkipollitan-22/

a50a9a475bdf46baa936e7591c47bd11

1日100、30日で3000です。ハードですが、毎日記憶することに意味があります。

これができると、単語力がついてきます。

単語力ができてくると、次に文法力を身につけます。
文法力とは、知識、学問でない点に注目してください。赤ちゃんも、読み、書きができない人も理解できるのは、全く文法を考えていないからです。誰も文法なんか考えて聞く、話すなどしていません。では、文法は必要ないかというとそんなことはありません。ここで疑問を持つ人が多くて、考え込んでしまいすが、考えたら聞き取れなくなります。

文法も単語と同じくまるごと音とイメージをリンクさせて記憶します。単語ができていると難易度は引き下げられます。今度は2ヶ月で1500をマスターします。

お母さんは赤ちゃんを抱きしめ、ほほずりをして”I LOVE YOU”と話します。赤ちゃんはお母さんの行動、動作と”I LOVE YOU”の音を記憶します。赤ちゃんにとって安心、気持ち良い音として記憶されます。まずこのイメージを記憶します。単語と同じように児童向けの絵本のような辞書を使います。