ダイバーシティ促進は温かい企業風土、信用と連帯感をを育みます。自発的かつ積極的に取り組んで、成長のバネにすると共に、従業員の誇りにしたい課題です。それには「取り組んでいます」という態度ではなく、強いリーダーシップで触発することが欠かせません。それがいい会社で働いているという安心になります。

 

ダイバーシティ促進も全従業員を触発し、成長する会社の条件になってきています。

ダイバーシティ促進のひとつとして、障害者雇用促進に取り組む義務のある企業は、法定雇用率を達成する義務があります。常用労働者100人の企業なら2名、500人の企業なら10人の雇用義務があります。

さらにマタニティー休暇、産前産後休暇、育児休業、育児フレックス、短時間勤務制度など育児支援、介護休暇、介護フッレクス、介護のための短時間勤務制度などの充実が急務になっています。

また慶弔給付金、貸付金制度、医療費補助、ホームヘルパー補助、自己都合退職者の再雇用制度、定年退職者の希望者に対する再雇用制度などもなども積極的に取り組む課題です。

しっかりしたビジョンがないまま安直に対応すると後々トラブルにもなりかねませんが、信用、尊敬、公正、誇り、連帯感の原動力になる課題なので全員で共有するテーマとして能動的に関わり、会社と個人の成長の要因にして「温かい風土」を育んでいきたいものです。

 

 

ccfabb55ff7a9592c5902d4b27ea6530