エゴグラム特集

エゴグラムは、アメリカの心理学者エリック・バーン博士が創始した性格分析で、5つの自我のエネルギー状態を図にしたものです。

性格は、親から継承したエネルギー、生育環境、年齢、経験など要素を合体したものからなる複雑なものですが、5つの領域に分類、状態を図(エゴグラム)にして分析~検討できます。

エゴグラムでいう「5つの自我(心)」とは

CP=厳格な父親の心。正義感が強く理想に向かうもののルール、厳罰的な心。
NP=保護的な母親の心。優しく保護する心。
 A=大人の心。冷静に分析する理知的でコンピュータ的な心。
FC=天真爛漫で創造的。自由で無邪気な子どもの心。
AC=順応する従順な子どもの心。周囲を見ていい子を演じる計算高い心。

私たちが展開するBeプログラムは、エゴグラムを使って、個人、相性、会社風土などを分析、PDCAをマネジメント。
モチベーションアップ、リーダーシップを育み、健全で幸福な成長に役立てようとするものです。

エゴグラム

順応する従順な子ども心が高いのが特長的なエゴグラム(自我状態)です。
続いて大人の心、厳格な父親の心、保護的な母親の心が高いので、協調性が高く、受け身で、周りの目を気にして、他の人の期待に応えようと頑張る傾向がある一面「まあいいか」で済ませせしまう傾向があります。

併せて共感・同情・受容・保護・救援など他者に対して、肯定的な態度をもっており、親切な面倒見のよい性格です。

しかし「まあいいか」は自分を抑えることで、人当たりが良く映る面が目立つ反面、利害関係から従順にしておく方が得だという計算高い側面があります。

したがって自分を守るために自発性に欠けると見られがちな場合もあり、信用を失うことも少なくないので気をつけましょう。

従順とはある意味で長いものにまかれろということであり、ご無理ごもっともということである。また、ときにはお人よしということです。

大人の心は、コンピュータのように冷静な心です。温かみを感じにくい自我なので、もっと下げてもいいでしょう。順応する従順な子ども心が高いので、逆に無邪気な子どもの心が低くなっています。

無邪気な子どもの心を高くすると、大人の心、順応する従順な子ども心が下がり、全体のバランスが良くなります。ぜひ無邪気な子どもの心を高くするように、無邪気な子どもの心から発信される言葉や態度を意識して使うようにしてください。

「やってみます」

「参加させてください」
といった積極的な言葉が、無邪気な子どもの心から発信される言葉です。

大人の心は冷静でよいのですが、高すぎると後先を考えすぎて、無邪気な子どもの心を抑えすぎることになるので注意してください。

無邪気な子どもの心を育み、バランスを変える特効薬が、「チャレンジ」です。

たとえば「地域ナンバーワン」がそうです。

「地域ナンバーワン」の課題は、なんでもいいのでチャレンジしてみてください。

簡単ではありませんが、PDCAを回し続ければかならずできます。

しかし大半の人は、途中でやめてしまいます。
PDCAを回さないので、最初は気合が入っていても変化がなくおもしろくなくなるのです。

一流のアスリートが良い結果を出せるのは、おもしろくないプロセスを楽しむからです。続ける極意は、5つの自我のバランスの良さのおかげなのです。

なぜ、おもしろくないプロセスを楽しむことができるのでしょう?
きっとやれる。どうせできると信じているからです。この信じる力が無邪気な子どもの心から発信されていて、プロセスを楽しめるのです。

一流のアスリートも最初から一流であったわけではないし、一流でない人と同じレベルにいました。それが徐々に頭角をあらわし一流になったのは、「きっとやれる」と信じてプロセスを楽しめたからです。

逆に順応する従順な子ども心は、状態に妥協してしまい、できない、無理だと感覚的に思い込んでしまうので、楽しめず続けられなくなります。

無邪気な子どもの心と順応する従順な子ども心では、心の動き方が真逆なのです。

ですから、言葉や態度を多用しながら挑戦することで成功するのが、リーダーシップを育むうえで大切なのです。

リーダーシップは仕事のうえで役に立つわけではありません。子育て、家庭づくりにも大きな力を発揮し自分自身や家族を豊かにします。