8210d653f70dbbce9d3c996989e6e0ed

 

「円相」は禅の極地を語った「信心銘」に出てくる一句です。

中国・隋時代に僧燦という禅僧が「円かなること大虚に同じ。 欠くることなく余ることなし」とうたいました。

大虚とは、宇宙のなりたちの源です。

つまり「円とは宇宙の究極の姿に似て、 足りないことも、余ることもなく、すべて満たされて完結している」ということです。

足りないことも、余ることもなく、すべて満たされて完結している状態とは、なんと美しいではありませんか? ビジネスは、この「円相」とよく似ています。

組織には何人もの人が属していて、それぞれに主義主張があります。

個々の立場に立つと、なるほどそれぞれに筋が通っているように思います。

しかし、個々の意見は正しくてもつなぎあわせると矛盾だらけになります。

間違いのない考えは、 どこからみても矛盾がありません。 まさしくきれいな円を描きます。
私たちはよく原点に立ち戻れと言いますが、原点が間違っていると戻っても正しい行動はとれません。
原点とは、すべてが調和している、円のはじまりであり、円の終わりなのです。 ビジネス活動の中核をなす「仕事のあり方」は、美しい円を描くアートです。

 

▼ 組織とはなにか?

組織と個人の関係はどうあれば、両者は幸福なのか。誤解されやすいテーマです。

まず組織の正しい理解から始めましょう。

会社はなぜ作られたのか、なぜ人が採用されているのか?

組織と個人の関係の すべての出発点は、なぜ人が採用されているのか? という当たり前の整理次第です。

結局、会社がうまくいくのは人次第」そんな言葉の原因はすべてここにある。

能力、やる気以前の問題であって、間違った前提のままで、能力、やる気を問題にしても効果は出ません。
経営の基盤となる考えがあまりにも考えられることなく、気にもされることもないために、経営上の様々な部分で問題を引き起こしています。
ここでご説明することは、あまりにも当たり前のことですが、現実には間違った認識が起こっています。

 

▼ 組織の定義

  • トップがやりたいことを、実現するための枠組み
  • トップがやりたいことを、実現するため人々が従業員として集められました。
  • トップのやりたいことが、実行されているのが良い組織です。
  • トップのやりたいことが、実行されていないのが悪い組織です。
  • トップのやりたいことを、分業で実行するのが組織です。
  • トップがやりたいことを、具体的に数字で示したものが「目標」 です。

 

組織図に示された形が組織ではなく、組織とは分業の仕組みのことです。

 

分業とはチームワーク、つまり役割分担です。

 

チームワークは、目的を達成する為に多数の人が役割を分担し自分の役割を達成する事。

  • 分業しても、目的を達成するために行動していない集団は単なる寄せ集めです。
  • 役割分担ができていないのは、役割をこなしていないか、こなせていないからです。
  • 組織力とは、分業が機能して、全員の能力の合計以上の結果が出せることです。
  • 全員の能力の合計以上の結果が出せない組織は、正しく分業ができていない証拠です。
    組織にはいろんな人がいます。 似ているようでも人ぞれぞれに、いろんな価値観があります。

価値観は違ってもいいのです。

最終的にあなたとあなたが仕事する組織と従属している人が、みんな幸福であればいいのです。

ただ、この質問の仕方では、「幸福」の価値観が問題になります。人によって違うからです。

この問題は厄介です。 そのためマネジメントが機能しにくいという問題が引き起こされます。
しかし価値観の統合なしに、マネジメントはできないので、多数決ではない最大公約数で求めます。
組織には数多くの日常語があります。


重要なのは、その言葉のひとつひとつが組織単位で定義づけていること。
全員が理解し賛成していることです。

そうすると、あらゆる活動のプロセスに矛盾の生じないきれいな円が描けるようになります。
論理の破綻がない価値観が統一された状態が形成されます。これがものすごく重要です。
たとえば金を稼ぐ手段としか考えていないトップがいます。
毎日ゴルフとかに出かけて会社に出てこない。

金を稼ぐ手段だから、会社をどうしたいのか目標がないので、人を育成することも考えない。

働いて稼いでくれたらいい。儲かったら給料もあげるが、儲からないと給料も下げる。
儲からない理由は努力不足と環境にせいだから、自分は関係ないので相変わらず会社に出てこない。
競争相手を考慮せずに値づけするので、ユーザはどんどん離れて行く。 こういう会社が本当にあります。
会社は健全に機能しなくなり継続が困難になる間違った態度、行動ですが、これもこのトップのやりたいことなのです。
それをどう考えるかは、トップをはじめ従事するすべての人の選択と判断です。
その基準が矛盾しないかどうかが、選択と判断のポイントになります。
破滅のスパイラルに陥っていますが、この会社のトップは、自分の世界ではそれが成立すると判断しているのです。
価値観が健全ではないので破綻しているのです。 幸福の定義を間違えているからです。
この事例は極端ですが事実です。

 

 

原因はなんでしょう?

人は自信がないと、目標を掲げない。あるいはランクを下げる。

できない不安、目標に束縛されることを嫌うと、目標を掲げません。 掲げても実質としては取り組みません。

「そんなこと言ったってできっこない」 こういうことを安直に結論を出す人が重要なポストにいると、幸福の定義はひどく惨めなものになります。

逃げるからますます問題は大きくなり組織は破綻します。 こんなときこそ価値観が役割を果たします。

「円相」は「一円相」と書いたり、図形の「○」と描いたりします。

非常に難しい言葉です。

円とは宇宙の究極の姿に似て、足りないことも、余ることもなく、すべて満たされて完結していることを意味します。

正しい仕事は必ず円になります。 しかしこの事例では円になることはありません。

円になる価値観を創造すること。 マネジメントはここから始まります。

では、こんな会社で働いている人は、どうしたらいいのでしょう。

辞めるという手もありますが、トップに希望を与えて正常化するという手もあります。

スイッチチェンジです。見方を変えるのは自分次第で可能です。



img1c0bc0a4zikazj

 

今回の記事は気にいっていただけましたか

にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへにほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村