エゴグラム特集

エゴグラムは、アメリカの心理学者エリック・バーン博士が創始した性格分析で、5つの自我のエネルギー状態を図にしたものです。

性格は、親から継承したエネルギー、生育環境、年齢、経験など要素を合体したものからなる複雑なものですが、5つの領域に分類、状態を図(エゴグラム)にして分析~検討できます。

エゴグラムでいう「5つの自我(心)」とは
CP=厳格な父親の心。正義感が強く理想に向かうもののルール、厳罰的な心。
NP=保護的な母親の心。優しく保護する心。 
=大人の心。冷静に分析する理知的でコンピュータ的な心。
FC=天真爛漫で創造的。自由で無邪気な子どもの心。
AC=順応する従順な子どもの心。周囲を見ていい子を演じる計算高い心。

私たちが展開するBeプログラムは、エゴグラムを使って、個人、相性、会社風土などを分析、PDCAをマネジメント。 モチベーションアップ、リーダーシップを育み、健全で幸福な成長に役立てようとするものです。

 

事例

 

エゴグラム

ほぼ理想的なエゴグラムです。

私人としては厳格な父親の心を少し低くするぐらいでもいいでしょう。
仕事の上では、現在のエゴグラムを維持してください。
(エゴグラムは固定したものではなくものではなく、変化します)

優れたマネジャーとして飛躍してください。そのコツは志を高くもって自分のあり方を高めることです。最大のチャンスを迎えているといえます。

ぜひ知っておいていただきたいのが、人には人間関係の仕方があることです。
それは4つしかありません。どの方法をとっているかは人によります。

  • 「私はOK、あなたもOK」
  • 「私はOK、あなたはOKでない」
  • 「私はOKでない、あなたはOK」
  • 「私はOKでない、あなたもOKでない」

この内、リーダーシップが発揮できるのは、「私はOK、あなたもOK」のスタイルを持つ人です。

「私はOK、あなたもOK」を実行しやすいエゴグラムを持っているので、有効に役立ててください。

人間関係の仕方には、この4つがあることを意識して、「私はOK、あなたもOK」を心がければ、リーダーシップに磨きがかかり、優れたマネジャーとして飛躍できます。

リーダーシップに磨きをかける方法は、人としてのあり方、「私はOK、あなたもOK」を心がける他に、広く世の中を知ることです。それは新聞やニュースを通して知ることができますが、その情報は報道する側の見地で変わるから鵜呑みにするのは危険です。

自分の頭を使ってできるようになることが欠かせません。といっても俯瞰(ふかん)できないと単なる個人的な色眼鏡になる危険があります。

俯瞰(ふかん)できる力を身につけるには、どんなジャンルでも突き抜けることです。取り扱い商品のpどれかで地域トップになる。なにから手をつけたら良いのかは因果関係をよく考えて、水平展開できること、再現性のあることを優先的に地域トップになるのが効率的です。

売るだけなら価格を安くして売るだけでもできますが、水平展開、再現性に限界があります。そこで「どうしたらいいのか?」という疑問がわくと思いますが、その自分の質問に自分が回答を出すことで、方向性がみえてきます。そしてPDCAを繰り返しながら行動を積み重ねジャンルでトップになるように突き抜けると俯瞰(ふかん)できる力が身についてきます。

いうのは簡単ですが、トップになるには圧倒的な集中が必要です。逆にいうと圧倒的な集中ができる人はそんなにいないということです。

だから突き抜けようと思った人だけができます。「そんなこと無理だ」と思ったら、できません。そうしてどんどん脱落していきます。突き抜けてやるとPDCAを回し続けた者だけが突き抜けられます。
なにかで地域トップになると、地域トップになる方法がわかります。再現力が身につきます。水平展開のコツがわかるようになってきます。

成功パターンを使い複数のジャンルを組み合わせると、独自性が生まれ自分にしかない圧倒的な競争力を持てるようになります。

そうすると志が高くなってきます。
自分ができたのだから他者(ひと)にもできるはずと思えるようになります。

特別な能力が必要だったわけではなく、ただ一生懸命、PDCAを回しながら行動した成果だと思えるようになります。
この状態になって「私はOK、あなたもOK」の構えが自分のものになります。
それがどれだけ楽で、喜びに満ちた生き方だと実感できます。リーダーシップの基礎ができあがります。

ジャンルで突き抜けるには、小手先のテクニックでは無理なのです。
私たちが暮らしている「社会の仕組み」には「道理」が働いています。
その「道理」と徹底的に向き合うようになります。
そうすると誰もが同じことを言ってることがわかってきます。
「そうは言うけどそれができなので」では通用しないのです。
「それをやるんだ」とやり抜くことで突き抜けることができます。

オレ流は通用しないのです。
オレ流とは最初から天井を定めたやり方に過ぎないのです。
「あなただけ特別」はありません。

無理矢理、価値観を押し付けて怒鳴り散らしてやらせるわけにはいきません。
メンバーとの間で価値観を共有せずにチームワークはできません。
これだけでも、マネジャーとして考えること、やることがいっぱいでてきます。

それを全部実行していかないとトップにはなれません。
やるからトップに立てるのです。
そうしている間に、俯瞰(ふかん)できる力が身についていきます。
社会人として成長します。リーダーシップが膨らんでいきます。

トップになるとは、それだけ多くのお客さまがファンになってくれ支持されるということです。

たとえばテレビにはオネエ芸人の人気者がいます。
「オネエ」という一般人と違うキャラで注目されています。
しかしそれだけでは人気者になれません。ですからみんな肩書きを持っています。
「オネエ+美容研究家」「オネエ+華道家」「オネエ+ファション評論家」「オネエ+女装家+空気を読む力」といったように違いを際立たせています。
どんな業界でも他店と同じでは無価値に近いのです。
あなたの店を利用する理由を教えてください」と聞かれたら明確に答えるできなければトップになれません。
同じ商品なのに、商品が違うとは人間性が違うということです。
突き抜けるには商品が違うだけでなく「肩書き」が必要です。

「同じ商品なのに商品が違うとは人間性が違う。」その意味はこういうことです。

同じ行為をしても、相手の受け取りかたで変わります。
ストーカー犯罪が社会問題になっていますが、同じことをしても、愛情になるか、わいせつ行為になるかは、それぞれです。

ます「行為」より「あり方」が大切なのです。

セクハラ、パワハラ、ブラック企業・・・これらが続出するのは、あり方がゆがんでいるからです。

同じものを同じ場所で同じ価格で売っていても、売る人と売れない人がでてきます

なにが違うのでしょう。

やっている当事者は同じだと思っていますが、実は売り方が違うのです。

マネジャーから同じ話を聞き、同じロープレをして、同じセールストークをしても、それでも結果に違いがでます。売り方が違うからです。

エッ?と思うかも知れませんが、お客さまが受けるイメージが違うのです。

どんなビジネスでも上位30%のお客様が70%の売り上げを占めています。

なぜ、そうなるのでしょう?

上位30%のお客さまは、好意的なイメージで買っているのです。

イメージはお客さまが決めるもので、会社(店)側が決めるものではありません。
どんなに素敵な笑顔のつもりでも、それをどう感じているかはお客さまです。
「感じがいい」「気持ちがいい」と決めるのは、お客さまです。

人間性も、お客さまが決めているのです。

笑顔はともかく、人間性まで他人に決められてたまるかと思うかも知れません。
しかし、考えてみてください。リピーター、継続利用していただいている方は、「ありがとう」と思っていてくれているのではないでしょうか?トップになるとは、ありがとう」のお客さまに囲まれているということです。