祝うことは、触発からはじまります。そして個人が祝福を贈れば全員に祝福が返ってきます。

祝うことが好きな会社は、無から有を生み出し祝えるように準備します。だからみんなが準備に忙しい。準備ができたら99%できたも同じ。祝うことで誇り、尊敬、連帯感、信用、公正への自信が深まります。

会社の成功、個人の成功を祝うのはもちろん、会社の方針として、楽しさ、連帯感を創り出す事業所、部署を超えた親睦会など、愉しい雰囲気づくりを「触発する」で挙げたようなプログラムに連動して、キックオフパーティ、創立記念日を「育てなおしの日」としてプロジェクト、プログラムの進捗状況の発表と見直しをミーティングした上で食事会開催。

祝勝イベントを従業員主体で企画運営する。キックオフパーティ、祝勝イベントの原資を予め設定しておく。

祝える機会を多くするように、マネジメントスキルを「育成する」を通じて強化しプロセスの充実を心がける。

それとは別に年一回、本部主催の年始の懇親会を開催。家族には誕生日に記念品を贈答。

「祝う」機会とは信用を育む機会であり、多く作れるのは、連帯感の成果です。全員が個と会社を祝福できるように意識的にチャレンジすることで可能にします。達成は個人の誇りと互いの尊敬になるように日々導きます。

そのために事業所、部署は主体的に能動的に活動することで機能すること。それを可能にするために本部はサポートセンターとして機能することが命題です。両者のまなざしは現場と定義づけた「顧客の感情」に集中する。

2ebbe20694493152b9d70d813e524295