エゴグラム特集

エゴグラムは、アメリカの心理学者エリック・バーン博士が創始した性格分析で、5つの自我のエネルギー状態を図にしたものです。

性格は、親から継承したエネルギー、生育環境、年齢、経験など要素を合体したものからなる複雑なものですが、5つの領域に分類、状態を図(エゴグラム)にして分析~検討できます。

エゴグラムでいう「5つの自我(心)」とは

CP=厳格な父親の心。正義感が強く理想に向かうもののルール、厳罰的な心。
NP=保護的な母親の心。優しく保護する心。
 A=大人の心。冷静に分析する理知的でコンピュータ的な心。
FC=天真爛漫で創造的。自由で無邪気な子どもの心。
AC=順応する従順な子どもの心。周囲を見ていい子を演じる計算高い心。

私たちが展開するBeプログラムは、エゴグラムを使って、個人、相性、会社風土などを分析、PDCAをマネジメント。
モチベーションアップ、リーダーシップを育み、健全で幸福な成長に役立てようとするものです。

事例

エゴグラム

エゴグラム実例

大人の心が高いのが特長的なエゴグラム(自我状態)です。

大人の心 (Adult)とは、客観的、理性的、合理的な物の見方や考え方など社会生活を円滑に営む上で欠かせない公共性の高い人格です。コンピュータ的な温かみを感じにくい自我なので、物事を判断する場合には向いていますが、活性化する点では弱い面のある自我です。
コミュニケーションするときはもっとも高い自我がリードするので、第三者的に眺めているなど、人間味に欠ける傾向があるので気をつけましょう。

全体のバランスを整えるのに参考になるのがエゴグラムです。
高すぎる大人の心を弱めるのに、役立つのが無邪気な子どもの心です。

「やってみます」
「参加させてください」
といった積極的な言葉が、無邪気な子どもの心から発信される言葉です。
無邪気な子どもの心は自然とPDCAとリーダーシップを育てます。

 

子どもたちは とても素直な心で大人に接してくれます。
「やらせて~ッ」「楽しいっ!」「かわいいッ~!」「嬉しい~」「きれい 」

大人の心に食い込んできます。
これが自分をはじめ周囲も巻き込んでいきます。

無邪気な子どもの心を育むPDCA

面白くなさそうな数値目標に熱い想いを吹き込み、楽しみに変えるのも「自由で無邪気な子どもの心」です。

従順な子どもの心には、従順な子どもの心には「学ぶ力」があることから、成長が早いという利点がありますが、一方でグズグズと引き延ばし、ストレスを溜め込んでしまう欠点もあります。

幸い従順な子どもの心は低いので、自由で無邪気な子どもを育てると、大人の心は弱められます。

以下のような言葉と態度が無邪気な子どもの心を育くので、意識して多用してください。

「自由(無邪気)な子ども( FC)」を育む言葉

• それはおもしろそう

• やってみましょう

• 私も仲間に入れてください

• 美味しいですね

• ユーモア、冗談を増やす などです類似語もどんどん使いましょう

 

「自由(無邪気)な子ども( FC)」を育む態度

• 空想を楽しむ

• 楽しい気分に浸る

• 芸術・スポーツ・映画を楽しむ

• 不快感に時間を多用しない

•人生や人間の明るい面に注目する

 

最初は抵抗があるかも知れませんが、すぐになれます。ぜひ意識して使ってください。

小売業はお客様と直接関わらない部署であっても全員が販売員です。
それぞれの立場で、業績改善に対して、無邪気な子どものように積極的に参画することが会社にエネルギーを吹き込み活気を与えます。

PDCAを回し続ければ、やりたいことは必ずできます。
できなくなるのは継続をやめてしまうからです。

これを支えるのが「厳格な父親の心です」。

いまも高いのでこのままでも十分ですが、リーダーシップを発揮する上で、もう少し高めてみましょう。厳格な父親の心はルール的、罰則的な面があるので、保護的な母親の心と併せて使えるように、両輪で動かすように気配りしましょう。

続けることに留意しましょう。「きっとできる」と自分とチームを信じて挑戦すること、PDCAを継続することが、無邪気な子どもの心、厳格な父親の心。保護的な母親の心。を育てます。

PDCAが回せない人は、上司に対するように、部下に100%達成を宣言していません。なぜ上司に言えて、部下に言えないのでしょう。従順な子どもの心が強すぎて、状況に反応しているだけなのです。

これを阻止するのが厳格な父親の心であり、ときに無邪気な子どもの心です。

ぜひバランスを整えるように意識して無邪気な子どもの心、厳格な父親の心。保護的な母親の心。を育ててください。そのためにも、100%達成宣言をして取り組んでください。仕事も人生も良いように変わります。