人が思うように行動できないのは、自己信頼感(自己肯定感)が弱いからです。

ほとんどの場合、その責任はあなたにありません。しかし、いまとなっては自分で解決するしかありません。運が良ければパートナー足らんとする人と二人三脚で取り組むと速くなります。

改善には少し時間がかかります。知って、理解して、日常に落とし込む必要があるからです。
これは特別な問題ではなく「日常」のことだからです。

私は無宗教ですが、神を否定していません。
人類を創造した神は「日常」に宿っていると思っています。
神に祈るとは、神社や教会でお祈りする印象が強いと思います。
震災の被害で暮らしもままならない人が神社に行ってお祈りするのは並大抵ではありません。
神がそんなことを要求するとしたら、神も仏もないとしか言いようがありません。

祈りは日常にあります。
日々できることを精一杯行うことが、きちんと暮らすということであり、きちんと暮らすことが自己肯定感を育みます。

ところが自己否定感が強いと、ノイズだらけで「きちんと暮らす」ことができなくなるのです。

自己肯定感はたくましい根を土壌にはった大木です。
喜怒哀楽、人の感情が揺れると、心も動揺します。
しかし枝葉がどんなに揺れても幹がしっかりしていたら、迷うことなく自分らしく暮らしていけます。

ライフスキルは次のように10に分類されていますが、根っこはひとつ。ひとつの大きな木なのです。

  • 自己認識スキル  
  • 共感性スキル   
  • 効果的コミュニケーションスキル 
  • 対人関係スキル  
  • 意志決定スキル  
  • 問題解決スキル   
  • 創造的思考スキル  
  • 批判的思考スキル  
  • 感情対処スキル 
  • ストレス対処スキル   

 

 

ライフスキル講座