PDCA

コンピテンシー

「コンピテンシー」とは、「成果の出した人に共通した行動」のことです。 

コンピテンシーは、1970 年代にハーバード大学の行動心理学者D.C.マクレランド氏が提唱した理論で、米国国務省との共同研究が基礎になっています。

「優秀な成果を発揮する人に共通する行動特性」と定義づけられています。

D.C.マクレランド氏は、まず高学歴、高成績、高業績を上げている人たちをサンプリングし、同じ仕事に取り組んだ場合、同じ成果が出せるのかを調査しました。

結果は、学歴やIQ など外的な評価をしやすい目に見える能力だけでは、「成果と能力に比例がないこと」を見つけました。

次に、内面にまで踏み込み。彼らが何を考え、どのように行動したか、事実を洗い直し、その事実から成果に直結する共通した要因を特定し、評価を可能にする「ものさし」をつくり.上げたのです。

これが「コンピテンシー」です。
現在では「コンピテンシー」は人の採用にする際にも活用されています。

働き方改革

PDCAが回らない理由

人は誰しも、自分がやりやすい行動をしています。

なので解釈も自分の都合の良いようにしています。

自分がやりやすい行動とは「弱点をカバーする方法」です。
生活の知恵ですね。

しかし、自分がやりやすい行動はコミュニケーションに代表されるように、時に物事を複雑にするだけの場合が少なくありません。

自分がやりやすい行動は良いのですが、「コンピテンシー」とかけ離れたことが多いと成果に結びつきません。
それが「違いの出る違い」になっています。

人はみんな違う

育ってきた環境、状況が違うので、ひとりひとり違います。
現実を受け入れるとは、違いを知ることから始まります。
ひとりひとりの弱点を知ってカバーするように、やりやすい方法を採択するのは悪いことではありません。

同じ課題(目標)を設定しても、到達の仕方が違っていいのです。
それぞれがやりやすい方法で到達すれば良いのです。

大事なことは、到達することです。
到達から逆算して、それまでにいくつもの「自分が実現しておく目標」見つけ出して、実現しておくことが必要です。目標に向かって、だた努力するだけでは空回りになります。

いついつあの場所に立っているために今日必要なことを見つけて、やりやすいようにスケジューリングして実行して達成しておく。つまり「約束」をして、果たしておくことです。
PDCAはそのための最強ツールです。

いちばんやってはいけないことは、いつの間にかPDCAが回っていない状態、すなわち「放置」しないことです。
それと、やりやすいからといって課題に到達しないやり方をしないことです。
「コンピテンシーという言葉があること」を気にかけてください。

 

放置はマネジメントの放棄

「あなたのままでいい」といっても、やりやすい方法が「放置」ではどうにもなりません。
放置はマネジメントの放棄です。

簡単にいかない上、日常の雑多なことに時間を取られてしまうので「放置」した状態に陥るのです。
ほぼほぼ無意識なので「罪悪感」がありません。

「放置」を他の言葉に変えて「解決すべき問題」あるいは「他の問題」にすり替えて、議題にあがらないようにします。

この仕組みの最大の原因は「約束」をしていないことにあります。
「約束」されていないことは記憶から消えます。
「タイムマネジメント」に記載されても実行されなくなります。

「約束」を実行する「工夫」がないからです。
どんな約束にもすべて工夫を働かせています。

 

約束

約束はいろいろな表現で為されます。
目標だったり、夢だったり、宣言だったり、予定だったり、その場にふさわしい表現を選びます。しかし、いちばん大切なことは「実現すること」「到達すること」です。

それを叶えるには「無数の約束」が発生します。
理にかなった約束を自分がやりやすい方で達成します。

 

「約束」も人それぞれに解釈が違います。

押し付けられた責任と考える人もいれば、「モチベーション(動機づけ)」になるという人もいます。

解釈の違いは結果の違いになります。

人は鋼鉄の魂を持っているわけではないので、自分に都合の良く解釈したがるものです。
自分に都合の良い解釈は、理にかなった行動にならなら場合が多いものです。

「仕方なしに約束した」と言う人もいれば、「モチベーション(動機づけ)にします」と言う人もいます。解釈で行動に違いが出るので結果も違います。

なので、最後までやり遂げようとしない自分に、見張り番となるような歯止めをかけることがポイントになります。

効果的なのは、見張り番となる人と約束を交わすことです。

 

約束は細部に宿る

神は細部に宿るといいます。

なので、「自分がやりやすいようにやる」のは良いのですが、無手勝流というわけにはいきません。
得意なことだけやるというわけにはいきません。
苦手なことを、どのように自分のやりやすいようにアレンジする工夫が必要なのであって、手抜きするわけにはいきません。

細部までやるために「約束」が必要です。人はそんなに強くないから「約束」がいるんです。


「約束」は神を崇めるように扱わなくてはいけません。
約束は弱い自分を守ってくれます。

今日これをすると決めているなら、「細部」まで「約束」が必要になります。
そうしないと日常の雑多なことに気をとられ、課題(目標)をクリアすることができなくなります。

細部まで記憶できないので、「タイムマネジメント」を紙か電子デバイスを使って行います。
大事なことは「約束を果たす」ことですから、自分が使いやすいものがいちばんです。

タイムマネジメントが重要なのではありません。
「細部」に宿った「約束」を記憶できないので、簡単に思い出せる装置が必要なのです。

そこで何時に何を行うのか、予定を書いて、読むことで、思い出して、実行しますが、そもそもの予定ができないことなら意味がないのです。予定を書き込む時に、自分が目標を達成できる予定を書くようにします。

たとえば「体力アップのために運動をする」という予定を書きこんだものの、実際には自分ひとりで運動するのが苦手なら、どうすれば他者と一緒に運動できるか、実現可能なプランを設定して達成できるプランを書き込まないと、いざ時間がきても面倒だなとなったり、他のことを実行します。これでは約束は守れません。

このように「タイムマネジメント」上に書き込まれる「プラン」には、すべてどういう障害があるか、対策が織り込まれた上での「約束を果たす約束がない」と実際には「できなかった」「しなかった」のオンパレードになります。約束は細部にまで宿っています。宿った状態でないと実現はできなくなります。

 クレド

タイムマネジメント

タイムマネジメントを時間管理と考えている人は少なくないでしょう。
でも「時間管理(約束)」ができない人が雑多なことに課題のクリアを忘れてしまうのはなぜでしょう?

できない約束をしてしまうからです。
約束を履行するには他でもない自分です。
自分にできる方法を採択しなければ実行できません。

約束に「理想論」を持ち込まないようにしましょう。

タイムマネジメントは自分が約束を守れるように工夫した予定を書き込むものです。
困難を前提に、どうすれば約束を履行できるか、工夫してやり遂げる行動がマネジメントです。

無邪気な子どもの心

「親の心(P)・大人の心(A)・子どもの心(C)」のバランスの違い

ところが、多くの人の「現実」にはすべての「マネジメント」を破壊する天敵が存在しています。

大きいものは人生から小さいものは健康まで、幸せな暮らしには「マネジメント」が必要ですが、「マネジメント」を食い荒らすものがあります。

違いが出るいちばんの違いが、「親の心(P)・大人の心(A)・子どもの心(C)」のバランスの違いです。

バランスが悪いとネガティブになったり、「率直・誠実・対等・自己責任」というコミュニケーションの土台が崩れてしまうので、相手に通じない、不快にさせるなど基本的な部分で歪みが生じ、不要な時間が日常的に発生します。

この歪みは本人自身が意識して日常の言動を矯正していくのがいちばん確実で早道です。

解釈の違いは、教育できますが、違いが出るいちばんの違いは、「P・A・C」のバランスの違いは、教育できません。

「他者を変えることはできない」と言われているのは、「P・A・Cの壁」があるからです。

鳥取県大山

人は自分を騙す。

お天気や地震のような自然現象さえ、事象(結果)には必ず原因(理由)があります。
人間のしたことも同じで、「原因(理由)→結果→対策(選択)」をセットで繰り返しています。

最善の対策を行うためにPDCAを繰り返しは必要ですが、放置する人もいます。
放置の理由はいろいろでも、究極の答えは無意識のうちに「やりやすいようにやっている」に尽きると思います。

「忙しくてできない」ということはあります。
それでも、物理的に不可能という局面が続くとしたら「対策(選択)」が必要です。
何かをやめるとか、簡略化するとか、手抜きではなく。無駄を省くことが「対策」になります。

対策しないとしたら、「対策しないことが自分の選択」になっていることに気をつけましょう。
「忙しくてできない」という言い訳には「自分の願望を叶えないようにしている仕組み」が働いていないか注意が必要です。
落とし穴は「実は自分の選択だ」と思っていないことです。

人は心の悩みを抑圧すると、身体の不調にすり替える複雑な仕組みを内包しています。
それほどのものですから、自分でも気がつかずに巧妙な仕組みを使っていることがあります。
この背景には「P・A・C」のバランスの歪みがあります。

「P・A・C」のバランスの調整は、読み書き以上に、もっとも重要なことなのです。

「P・A・C」のバランスの調整は、本人自身が意識して日常の言動を矯正していくのがいちばん確実で早道ですが、日常の雑多なことに気をとられ忘れます。

人は誰しも記憶していないことは行動できません。

大事なことでも記憶には限界があるので、記憶することも無理です。

エゴグラム特集

 

無駄とは「命の使い捨て」

人は一度にふたつのことは考えられません。

だからなにを考えるかということは、とても重要なのです。
自分ができないことを考えても時間の無駄です。自分にできることを考えましょう。
自分にできることを考えているけど、実行されないのも時間の無駄です。

時間とは「生命」のことです。
無駄とは「命の使い捨て」でしかないです。

 

クレド

「命の使い捨て」を防止する便利なツールとして「クレド」があります。形状は手帳のようなものです。

あまり親しみのない「クレド」という言葉には「理念」とか「約束」とか同意語でない、意味が含まれていて、適訳ができず直訳しているようです。

ビジネスでは「クレド」にステークホルダー(利害関係者)に対する想い、理念、履行する約束事を記載します。

「クレド」は企業の場合、紙媒体に印刷され、全員が所有します。
銘々が繰り返し読むのはもちろんですが、コミュニケーションツールとして活用することで価値観が浸透します。

「ここにこのように記載されていますが、実行しましたか?」というように、繰り返し記憶を呼び戻し、現実に落とし込みます。

優秀なアスリートのように、強い人もいますが稀であって、ほとんどの人はそんなに強くありません。
強くないから「約束」が必要なのです。誰もが強くて記憶が良いなら「クレド」は不要です。

弱くて、忘れっぽいから「クレド」があると便利なのです。
これも「弱点をカバーする方法」です。
つまり「自分がやりやすいようにする」方法のひとつです。

個人の場合、メモ帳で良いので「自分への約束」を書き込んだらどうでしょう。
「P・A・C」のバランス(過不足の調整)を整える言動も書き込みます。
毎日、何度も繰り返して読む、自問自答すると、自分の内に浸透していきます。

ライフスキル講座