このエリアでは、あらゆるレベルのコミュニケーションを重視します。語りかけることは傾聴の始まりです。信用、尊敬、公正、誇り、連帯感が実感できるように活動していきます。

コミュニケーションの土台となる理念は、
組織は個人のために
個人は組織のために

顧客第一主義をとり、
共に成長し、共に成功し、共に幸福でいよう
を現実のものにすることを約束しましょう。

チームを決めてステークホルダーへのコミュニケーションを戦略的に行います。

年2回は従業員満足度調査を実施します。
家族向けコミュニケーションもツールを駆使しましょう。

なにより、トップからの交流、発信を最大化します。媒体も使えるものはすべて使うようにしますが、ダイレクトな交流、発信を優先的に展開します。社長室は来客用で、社長以下重役も、従業員と同じフロアでオープンに接する環境を用意します。

使う媒体については最初は限られたものであっても、慣れてくるに従って増やすようにしましょう。発信頻度は、まず毎月定期発信をします。交流頻度も毎月一度を遵守し、結果以上にプロセスに関心を強化します。

WEBベースでトップ記事を更新する頻度の目標を決めて実現して頻度を上げていきます。何を発表して結果はどうなったか、フィードバックすることはもちろん、PDCAを活用し、精度をあげていきます。

 

11899945_948824248492226_6322221346590199745_n