エゴグラム特集

エゴグラムは、アメリカの心理学者エリック・バーン博士が創始した性格分析で、5つの自我のエネルギー状態を図にしたものです。

性格は、親から継承したエネルギー、生育環境、年齢、経験など要素を合体したものからなる複雑なものですが、5つの領域に分類、状態を図(エゴグラム)にして分析~検討できます。

エゴグラムでいう「5つの自我(心)」とは

CP=厳格な父親の心。正義感が強く理想に向かうもののルール、厳罰的な心。
NP=保護的な母親の心。優しく保護する心。
 A=大人の心。冷静に分析する理知的でコンピュータ的な心。
FC=天真爛漫で創造的。自由で無邪気な子どもの心。
AC=順応する従順な子どもの心。周囲を見ていい子を演じる計算高い心。

私たちが展開するBeプログラムは、エゴグラムを使って、個人、相性、会社風土などを分析、PDCAをマネジメント。モチベーションアップ、リーダーシップを育み、健全で幸福な成長に役立てようとするものです。

事例

エゴグラム

大人の心が高いのが特長的なエゴグラム(自我状態)です。
もっとも高い自我が自分自身を形どっています。
それに付随して他の自我が動き全体のバランスがコミュニケーションに影響します。

大人の心とは、物事を現実的に考え、論理性を重んじ合理的・客観的・計画的に効率よく行動するのが特長的です。
高すぎると打算的で、冷たい印象を与えてします。

この大人の心をよりよいものにするのが、全体のバランスです。
現在は大人の心が飛び抜け、続いて厳格な父親の心と従順な子どもの心が高く、無邪気な心が低いバランスになっています。

厳格な父親の心は、誠実で、強い倫理観、規律を重んじ、高い理想・向上心、使命感・責任感を強く完全主義的な傾向が強い自我です。
従順な子どもの心は、「いい人」的な性格で、協調性が高く、受動的で、周りの目を気にして、他者の期待に応えようとする傾向があります。

結論からいうと、大人の心と従順な子どもの心を減らし、無邪気な子どもの心を育むことです。

その理由は、お客さまや部下の感情を動かす点で、リーダーシップを弱めてしまうからです。

私たちは、目標達成に取り組んでいますが、モチベーション(動機付け)には感情が動くことが欠かせません。
お客さまが何かを買う場合も同じです。
部下の意欲が高くなる場合も同じです。

感情が動くとき、人はイメージします。
楽しいイメージなら意欲が高まります。
楽しくないイメージなら意欲が下がります。

楽しいイメージを作るのがマネジャーの重要な仕事です。

繰り返し利用してくださるお客様は、通常明るく陽性のイメージをもっています。
人は誰でも陽性のふれあいを求めているからです。
それができないと院生のふれあいでも求めますが、関係性は歪んでしまうので、ビジネスでは問題が生じます。

会社の活動でもっとも楽しいイメージは、目標を達成して、祝い分かち合うイメージです。
そこにたどり着くプロセスでは、努力が必要ですが、努力を楽しめるようにするには、無邪気な子どもの心が活躍します。

子どもは自分のやりたいことに夢中で取り組みます。
これと同じことがマネジャーにも必要なのです。

「できる人」と「できない人」の違いはなんだと思いますか?
本気であるか、本気でないかの違いです。

よく「自分も本気になると実はすごい」と思っている人がいます。
しかしこの種の人は思っているだけで、本気になることはありません。
なぜなら、本気の人と本気でない人の能力の違いはほぼないからです。
あるのは、実行力です。

わかりやすい実行力のひとつに「今日やる力、すぐやる力」があります。
だから「自分も本気になると実はすごい」なんて思っている人にすごいこと、たとえば地域トップになることはないのです。

いつまでもなにか言い続けています。 自分の力でできることに注目せずにできないことに注目して実行を避けます。
無邪気な子どもの心を育んでください。

無邪気な子どもの心を育む言葉と態度を意識して使うようにしてください。
そうすると必ず無邪気な子どもの心が育ってきます。
育つと全体のバランスが変わり、リーダーシップを発揮できるエゴグラム(自我状態)に変化していきます。
自分で自分の進化が実感できるようになります。

言葉と態度と併せて育むのに拍車をかけるのが、目標へのチャレンジです。
チャレンジは、自分たちチームのチームワークを使わないと達成できません。
チームワークとは「仲良し」という意味ではなく、チームの全員が自分の役割を果たせることです。

これを成し遂げるには、厳格な父親の心、保護的な母親の心、無邪気な子どもの心が高くないと難しいのです。
これを高く整えるのが、チャレンジを支えるPDCAです。

なにごとも最初からうまくいかないと思いますが、本気であればPDCAを全速回転するようになります。PDCAが回せないのは本気でないからです。

本気でないとは自分のプライドを優先した状態なので、簡単にできない、難しいと白旗をあげてしまいます。
あっさりやめてしまうのはプライドを守るためです。
あっさりやめてしまうから「自分も本気になると実はすごい」と思うことができるのです。

失敗を避けているのです。 すごいとか、すごくないとか、そんなことはどうでもいいのです。
大事なことは、自分とチームの力を引き出すこと。トップになることです。

トップになるには、お客様に支持されなければなれません。
瞬間的に一過性のよい実績は出せても、トップを続けることはできません。

お客様に支持されなければ無理だからです。

お客様に支持されるとは、お客様に信頼されることです。
売れる店(会社)は、お客様に信用されています。
だからアルバイターのスタッフが声をかえるだけでも売れます。
マネジャーが信用される店(会社)づくりをした結果なのです。

継続利用してくれるお客さまが多い、リピーターが多いというのは、信用していただいているからです。 トップになりたいのは、実績だけでなく、お客様に信用される店づくりをするためです。

信用される店(会社)とは、スタッフ全員が信用されている状態です。
お客様に陽性のふれあいができるイメージをもってもらうことです。
イメージはお客様が作るもので、店(会社)側がいくら願ってもどうにもなりません。

行動しない限り、お客様はイメージしてくれないからです。
たとえば保険を販売しようとして、「保険入ってますか?」と聞いても成約になりません。
保険に入ってもらうには、お客様が何で困っているかを知る必要があります。
困っていることを話せる関係、信用していないと話しませんよね。
それはどんな商品でも同じなのです。

「できる人」と「できない人」に能力の違いはありません。
ただ良いイメージがあるだけです。信用されているだけなのです。
どんな商品でも同じです。

同じ場所で、同じことを言っても、売る人は売ります。
売れない人は売れませんが本気になれば売れるようになります。
絶対に売れるようになります。

本気とは、自分が言いたいことを言うのではなく、お客様が話したくなるようになることです。
そのために、自分のプライドを捨てて、トップをめざすことです。

繰り返しますが、トップになるには、お客様の信頼が必要です。