エゴグラム特集

エゴグラムは、アメリカの心理学者エリック・バーン博士が創始した性格分析で、5つの自我のエネルギー状態を図にしたものです。

性格は、親から継承したエネルギー、生育環境、年齢、経験など要素を合体したものからなる複雑なものですが、5つの領域に分類、状態を図(エゴグラム)にして分析~検討できます。

エゴグラムでいう「5つの自我(心)」とは
CP=厳格な父親の心。正義感が強く理想に向かうもののルール、厳罰的な心。
NP=保護的な母親の心。優しく保護する心。
=大人の心。冷静に分析する理知的でコンピュータ的な心。

FC=天真爛漫で創造的。自由で無邪気な子どもの心。
AC=順応する従順な子どもの心。周囲を見ていい子を演じる計算高い心。

私たちが展開するBeプログラムは、エゴグラムを使って、個人、相性、会社風土などを分析、PDCAをマネジメント。 モチベーションアップ、リーダーシップを育み、健全で幸福な成長に役立てようとするものです。

事例

エゴグラムで店づくりから会社づくりへ

厳格な父親の心が強いエゴグラムです。
逆に保護的なな母親の心が5つの中でいちばん低いのが気になります。
厳格な父親の心を引き下げ、保護的なな母親の心を高めましょう。
さらに従順な子どもの心も低くしましょう。

従順な子どもの心は、周囲を気にしやすく、ついつい自分の気持ちを抑圧してしまい、自分の言いたい事が言えずに、思っている行動ち違うことをする形公があります。
ストレスの溜まりやすいので気をつけましょう。

一方で、厳格な父親の心が強いので、正義感が強くルール的です。。
この2つの関係からついつい内面で怒りを堪えてしまうことが起こり、プンプン、ツンツンになりがちです。
相手や周囲がわかってくれたらストレスも軽減しますが、言葉で率直に話さないと伝わらない場合はほとんどです。

誠実、率直、対等、自己責任を4本柱にしたコミュニケーションを心がけましょう。
辛抱強く待つのが、子どもは苦手です、しかし苦手なのは大人も同じです。

若いほど苦手なのです。
つまりすぐに応答することがとても大事で、赤ちゃんにはなにをさておいても応答してあげることが愛着を育てます。

幼い時に愛着関係を結ぶと母親は楽になります。
同じように後輩にも応答を早くすると安心してくれます。
愛情に支えられた安心はやる気につながります。

応答力を高くするために「保護的な母親の心」を育むようにしましょう。
「保護的な母親の心」と周囲の人に目がいきます。
同じ周囲の人に目が行くのでも、「従順な子どもの心」のそれとは違います。

「従順な子どもの心」の場合には、自分がどう見られてるか?が気になりますが、 「保護的な母親の心」の場合には、相手がどうしているか?になります。
だから全然違うのです。

この違いが自分を育て、エゴグラム(自我状態)に変化が起こります。
「保護的な母親の心」を高めるには、チャレンジしましょう。

「商品A」などはうってつけです。 販売した経験のない人たちが取り組むのをバックアップしてあげるのは、「保護的な母親の心」を高めるのに最適です。

商品Aには「購入される方それぞれの物語」が必ずあります。
それなくして商品Aを購入する理由がないかからです。
つまり契約をとるために、「キャンペーンやってます。商品Aはいかがですか」で契約できる可能性は少ないのです。

それで購入していただけるのは、なにもかも自分で判断できていて、会社を信頼してくれているお客様だけです。
どれだけいらっしゃると思いますか? それでは商売になりません。
「購入される方それぞれの物語」を聞き出すことが必須条件です。

しかしそう簡単に話せません。
お客様にしたら恥ずかしいし、不安があるし、どんな話題が飛び出すかもわからないからです。
だから、まず心打ち解けて話し合える関係にしなればなりません。
それをわずかな期間でやり遂げなければなりません。
どうすればいいのでしょう。
エゴグラムで店づくりから会社づくりへ

まず100%達成宣言を本気でやりましょう。
ひとりではありません。全員の前で行います。
が、しかし、その前にひとりひとりと話あいましょう。
商品Aに取りくことで、お客様になにをしてあげられるか?
「購入される方それぞれの物語」をハッピーエンドに導くのです。
そのお手伝いを実行するのです。
「私たちが商品Aを取り扱う物語」を分かり合えるまで話すのです。

そのときに、保護的な母親の心を使いまくるのです。
自分がどう見られているかではなく、話している相手がどうしているか?に注目します、
その方法は「傾聴」です。心寄り添わせて相手の話を聞く。

商品A販売の要領にもつうじています。
繰り返しますが、商品Aを販売するために、商品Aの話をする必要はありません。

お客様の方から質問してくれます。
質問を引き出すにはお客様が信頼してくれることが条件です。
信頼がないのに質問してくれても、それが「義理」だと考えた方がいいでしょう。

信頼関係を作るには「話題」は、なんでもいいのです。
お客様が困っていることを聞いてあげましょう。
困っている話が屋根のことでも、介護のことでも、育児でもいいのです。
真摯に寄り添って聞いてあげると、信頼関係が深まり、商品Aは売れます。
同じ場所で同じことを同じ料金で話しても売れる人と売れない人が出ます。
これをひとつの店で誰ものが同じことを言っても売れるようにするのがマネジャーによる店づくりです。すべての店で売れるようにするのが会社づくりです。