自分をじぶんの味方にするためにアサーティブを学ぶ
おそだてコム お問い合わせメール おそだてドットコムのサイトマップ おそだてドットコムのメールマガジン カスタマサービス|おそだてドットコム おそだてドットコムのメールマガジン カスタマサービス|おそだてドットコム おそだてドットコムの買い物カゴ おそだてドットコムの買い物カゴ おそだてコム ハーブティーとアップルティーのオンライン・カフェ おそだてコム おそだてドットコムのじぶんぢからを再生するストア ココロとカラダの自分リサイクル おそだてコム
ホームモチベーションモチベーションアップ7つのルール ン 共同体・他者期待・価値要因  
キーワード:

モチベーションを引き出す7つのルール  
共同体・他者期待・価値要因

共同体・他者期待・価値要因

人は、一人で生きていけない性質の生きものです。さらに人は自分の存在を認めされたい欲求があります。つまりひとり自分のためにやる気を出すには限界があることを意味しています。

 共同体や他者からの期待は、自分の存在を肯定的に認められている証明ですから、意欲のきっかけ、支えになります。その一方で、自分が想像できる対応範囲を越えると重圧に変わることもあり、責任回避に走る場合も少なくありません。

 責任の重さから責任回避に走った事例をご紹介します。
愛し合って結婚、やがて子供が授かります。この頃からご主人に微妙に変化が起こります。仕事の責任が重くなる一方で、育児、さらに将来を考えた責任感のストレスから胃潰瘍になります。その反動で浮気に癒しを求めます。やがて浮気がばれて離婚。
決して無責任でなく、責任にこだわったために、無責任になってしまった事例です。
 万能感が未解決だったために、一歩一歩、責任をクリアしていくことにつまずいた事例です。この場合、相談などして、不安を安心に変える作業をこまめにしていればよかったのでしょうが、全部自分で背負ったことが裏目に出たと言えます。

このように、共同体・他者期待・価値要因は、自分の内側から起こるモチベーションアップというより、外側から入ってくる要因ですので、インセンティブの性格が強いモチベーションアップの要因です。
 
  ですから影響を与える側のこまめな配慮が必要です。当人の状態を把握する必要から心通わせるコミュニケーションが必要です。
 特に「あの人と一緒に働きたい」「あの先生に学びたい」と思わせるモチベーションを引き出せるリーダーの存在は効果的です。特に現代のようにポストや金銭的な報酬で返しにくい状況では、その存在の効果には大きなものがあります。

「あの人と一緒に働きたい」「あの先生に学びたい」と思わせる力は、リーダーの能力も大事ですが、なにより伝えたいことの価値と伝える思いの強さ、コミュニケーション・スキルが影響します。
ところがこれが、すでに「自分のためにやる気を出すには限界がある」を意味しています。
 

 次に、ある事例をご紹介します。
平社員のときからの頑張りが認められて、課長になった時は、水を得た魚のように奮起。仕事も趣味にも目覚ましい活躍を続けます。その甲斐もあり、部長に昇進。誰もが認める昇進でした。ところが、その途端、体の不調を訴え出社拒否が始まります。得意のゴルフも拒否、病院で診察を受けますが原因不明のまま「ストレス」と判定。日を追うごとに生気がなくなり、別人としか言いようがない状態にまで変わってしまったのです。
その後、再び会社に戻ることも、以前のようなエネルギッシュな人に戻ることもありませんでした。

上司の影響力を受け活発に楽しく仕事していた人が、自分が部門の長になったことで、支えを失い、重圧だけが残った状態になったのです。
「自分のためにやる気を出すには限界がある」だから「あの人と一緒に働きたい」気持ちは支えになり、意欲になります。しかし、「あの人」がいなくなった時、時には自分が「あの人」のなり、周囲の人の支えになり意欲の源にチェンジしていくことが必要になります。
それを重圧と思うか、励みと思うかは、ちょっとしたスイッチチェンジ、物の見方を変えることでできます。
 
  しかし、急激な変化は難しいので、日々少しずつシフトしていくようにしておけば、対応できるのです。この事例のように、これほど力のある人でも、心の在り方で崩れてしまうことがあります。
しかし、それを性格、心の弱さと考えず、技術だと割り切って知識と実行を心がけるようにすることをおすすめします。
 
  それには「価値観」の整備が大きな役割を果たします。先にお話したように、人は、一人で生きていけない性質の生きものです。さらに人は自分の存在を認めされたい欲求があります。つまり価値観は自分ひとりで納得できるもので終わっていたのでは、意味を為さないとことを意味します。あるいは限られたグループ内でのみ共感する価値観であってはいけないのです。

本来、価値観は個人的なもので、共同体に迷惑をかけないものであれば、認められるべきものです。しかし他者と協調して生きて行く場合、それだけでは共感、共有できません。
共感には、同じ価値観が欠かせません。迎合するのでなく、同じ価値観に立とうとしたとき、その基準になるのが、普遍性のある価値観、つまり良心に立脚した価値観が必要なのです。

「私の価値観はあなたを幸福にするものだ。それはあなただけでなく、隣のあなたにもそうだ。」と言えるものです。その価値観を生きる目的、働く目的に反映していることが、自分と他者、共同体とのコミュニケーションを充実したものにして、互いにモチベーションとなってフィードバックされるのです。
 
  人は何も背負わないより、背負った方がエネルギーになります。この共同体・他者期待・価値要因は両者ともに使い方で良いストレスにも、悪いストレスにもなります。相手への気持ちを大切にして、使い方を間違えないようにしたいものです。

知識・技術要因 評価・期待要因 セルフマネジメント要因(自律)
満足・不満足要因 エモーショナル要因 共同体・他者期待・価値要因
適性要因 アサーティブ  

とんがるモチベーションの作り方
モチベーション とんがるモチベーションの作り方
とんがるモチベーションの作り方


とんがるモチベーションの作り方 
自分を好きになる作法


最新 全面改訂版

A4  418ページ

付録 
自分マネジメントハンドブック 
A4  40ページ(PDF配信)

 


はじめに

第一章 ライフスキル
【1】邪魔をしているものを知る    1
【2】ライフスキル 集約した5つのスキル  11
【3】自己効力感  20
【4】やりがい  25
【5】基礎的な力  46
【6】ライフスキルと7つのゴールデンルール  81
【7】7つのゴールデンルール  85


第二章 モチベーション
【1】思うように自己実現ができないのは、どうして?  114
【2】モチベーション  118
【3】目標達成6つのステップ 127
【4】「STEP.2 考えている段階」からSTEP.3へ進むために 130
【5】「STEP.3 達成したい!」にステップアップするために  139
【6】「STEP.4 よし、達成するぞ!」実行の段階  148
【7】「STEP.5 今日は達成した!」持続の段階  156


【主な内容】モチベーションとインセンティブ計画力はマイルストーンで変わる / じぶん力はマネジメントとコントロール /自律心が時間を増量する /目標達成 6つのステップ/ メリットとデメリットで心の整理/達成したいと思うレベル STEP.3 準備の段階 ブレーキをかけるじぶんに気をつけよう/モチベーションを引き出す手順/ モチベーションの基本/ スタートでつまずいた場合/ 目標達成フォローの原則/ セルフ・マネジメントのコツ

第三章 モチベーション要因
【1】モチベーションがうまれる構造  165
【2】知識・技術要因  168
【3】評価・期待要因  171
【4】セルフマネジメント(自律)要因  176
【5】満足・不満足要因  185
【6】エモーショナル要因1  190
【7】共同体・他者期待・価値要因  193
【8】適性要因  196

第四章 感情
【1】なぜ、私は苦しいのか。  198
【2】自分の選択、自分の責任  202
【3】責任と感情  213
【4】感情と境界  219
【5】感情の使い方  229
【6】親密な関係を育む  233
【7】感情と時間  244
【8】集中へのセルフマネジメント  252


【主な内容】結果は偶然ではなく、自分が選んだ結果/ 自分の選択、自分の責任/ 自分の選択であることを知るメリット/ 自己暗示はしないほうがいい/モチベーションを引き出す技術/モチベーションを引き出す人の特長/ 親の心から <具体的、プロセス重視>/ 大人の心から <目的志向、聴き上手、大局を観る>/ こどもの心から <ユーモア>/ 楽観的 <ポジティブ志向> は悲観論者とここが違う/自尊感情と責任の関係/感情の使い方/ 感情を認め合う技術/ 思いを伝える方法/ 感情と境界/ 親密な関係を育む/ できるか、できないか判らないからおもしろい/ 感情に支配されない/ 時間を支配する/したいことが、しなければならないことに変わっていないか/ 自分にできることをできないと決めつけていないか/ 怖くなって集中をやめていないか/ 先ばかり見て、いま起こっている変化を見逃していないか/ 自分の長所を知らずに短所にふりまわされていないか / 自分をコーチングするセルフ・マネジメント/ 焦点をあわせる技術/ 我慢はポジティブなスキル/ 考える技術/ ストレス・マネジメント/ウェイ(WAY)/アサーティブ・トレーニング/ サポートを受ける/ 自分をじぶんの味方にする

第五章 アサーティブ
【1】アサーティブ  278
【2】アサーティブの仕組み  286
【3】アサーション権  293
【4】アサーションに関する3つのタイプ  315
【5】スイッチチェンジ  329
【6】モチベーションを引き出す人  338
【7】三つの人格の使い方で人生は変わる  349
【8】三つの心で動く  360


第六章 おそだてコム
【1】自立する学習  374
【2】自立する仕事  383
【3】自立する結婚/夫婦  389
【4】自立する子育て  393
【5】自立する介護  404
【6】自立する自分  409


おわりに  414


付録 じぶんマネジメント・ハンドブック(PDFでの配信のみです)

内容は予告なしに変わる場合があります。ご了承ください。

「とんがるモチベーションの作り方  モチベーション」この一冊でモチベーションがあがる最大の理由・・・・生きる楽しさと幸福感が身体のなかから噴射してくるからです。

誰だって願いがある。誰だって幸せになりたいと願っている。
とんがるモチベーションにはコツがあります。
モチベーション アップ
全体図
モチベーションアップ
知識・技術要因
モチベーションアップ
評価・期待要因
モチベーションアップ
セルフマネジメント要因
モチベーションアップ
満足・不満足要因
モチベーションアップ
エモーショナル要因
モチベーションアップ
適性要因
モチベーションアップ
共同体・他者期待・価値要因
モチベーションアップ
アサーティブ
モチベーション・テスト

 

 

モチベーション
とんがるモチベーションの作り方 とんがるモチベーションの作り方
4800円        5800 円       8800円

  CD版   発送方法


愛されなくても、はちきれる幸福が本当の幸福!

自分を好きになる作法
とんがるモチベーション
の作り方

とんがるモチベーション CD版
商品番号8002 5800円





勇気の向こう側にいるアナタへ
 
 
agari アガリ 自己実現をサポーリする
 
モチベーション
モチベーション アップ
全体図
モチベーション アップ
7つのルール
モチベーションの原則
とんがるモチベーションの作り方
 モチベーションのエプロン
禅とマネジメント
自分をじぶんの味方にするQ&A
自分をじぶんの味方にするためにアサーティブを学ぶ
3ヶ月で10キロやせるダイエット!カラダデザイン
ライフスキルアップに役に立つメールマガジン
自己実現
自分マネジメント
アサーティブ
ライフスキル
ライフスキル 10のスキル
ライフスキルの使い方
恋愛へルプ
ライフスキルと仕事ヘルプ
無料セミナー
ライフスキルを強化する自分モチベーションセミナー
コミュニケーション構築アサーティブセミナー
セミナー
じぶんモチベーション
セミナー
 
とんがるモチベーション
セミナー
自己実現のための
ライフスキルトレーニング
親のための
ライフスキルトレーニング
管理者のための
ライフスキルトレーニング
社会人のための
ライフスキルトレーニング
親と子の
感情マネジメントセミナー
コミュニケーション構築
アサーティブ・セミナー
じぶんマネジメントセミナー
ライフスキル・セミナー
セミナー
自分マネジメントセミナー
おそだてドットコムのストア
ライフスキル 恋愛ヘルプ 仕事ヘルプ 悩みの相談 自分をじぶんの味方にするために
カウンセリング
メール カウンセリング
個人相談  
モチベーション
おそだてドットコム・ストア
RE:ON THE ROAD
こんな旅もある!自分のライフスキルをパワーアップする思いがけない旅の仕方。
 
RE:ON THE ROAD
カルトなプログラム・ピクチャーがライフスキルをアップする
RE:ON THE ROAD
ロックンロール 、キング・オブ・ロックンロール、パンク、Jポップス
やり直しカルチャー
ビューティ&ヘルシーでライフスキルを支援
モチベーションとライフスキルをアップするマイ・プロジェクト コンテスト

 

 
agari アガリ 自己実現をサポーリする

ホームおそだてコムメールマガジンストアカスタマサービスサイトマップ▲このぺージのTOPへ戻る▲

セミナー
お問い合わせFAQ | セキュリティ・ポリシー 買い物カゴ世界で一番大切な君に話すこと。 会社概要 (PDF)


メール お問い合わせ

マートワン|おそだてコム事務局
おそだてコム事務局
おそだてドットコム

Copyright (C)2014 Osodate.com All rights reseved

ライフスキル 自分をじぶんの味方にするためにアサーティブを学ぶ 【 モチベーション 】モチベーションアップ7つのルール 知識・技術要因 ライフスキル