おそだてコム お問い合わせメール おそだてドットコムのサイトマップ おそだてドットコムのメールマガジン カスタマサービス|おそだてドットコム おそだてドットコムのメールマガジン カスタマサービス|おそだてドットコム おそだてドットコムの買い物カゴ おそだてドットコムの買い物カゴ おそだてコム ハーブティーとアップルティーのオンライン・カフェ おそだてコム おそだてドットコムのじぶんぢからを再生するストア ココロとカラダの自分リサイクル おそだてコム
ホームモチベーションモチベーションの原則
キーワード:
チベーションを引き出す  達成したぞ!モチベーションを引き出す手順


とんがるモチベーションでなりたい自分に変える!
モチベーション とんがるモチベーションの作り方

第三章  セルフ・マネジメント

モチベーションを引き出し、引き出したモチベーションを高めてキープする。その仕組みを身につけることで、自己実現の道を疾走する!
自分のモチベーション、周囲の人のモチベーション、モチベーションに悩むすべてのひとに捧げるモチベーションアップの本が誕生

 

第二章 モチベーションを引き出す 達成したいと思うレベル STEP 3 準備の段階  【11】モチベーションを引き出す手順


モチベーションを引き出すのには、
次の5つの要素を、時間差を作らずに、同時進行で実行するのが原則です。


時間差ができてしまうと、自分でも気持ちの整理がつかず、自分の気持ちがわかりづらいので、やる気が起こらないままになります。
ここでは、これまでのことをおさらいしてみます。
5つの内容は以下のようになっています。

● 目標達成ステップの踏襲
● 達成の難易度(可能性)の判断
● 達成時のよろこびの大きさ(満足度)
● メリットとデメリットのバランス(不安とよろこびのバランス)
● 具体的な計画(達成方法のマスター)


1)目標達成のステップ

STEP 1. 目標達成を考える以前の段階(何も考えない、現状のまま。)
STEP 2. 考えている段階
(達成しないといけないかな、あるいは達成できなくても仕方がない)

◎ 達成の難易度と満足度のバランス
メリットとデメリット(気がかり)のバランス
◎ 適切な目標と具体的で適切な計画

STEP 3. 準備の段階 (達成したい)
STEP 4. 実行の段階 (達成するぞ)
STEP 5. モチベーション維持の段階
(「達成できそうだ」あるいは「今日は達成できた」)
STEP 6. 満足の段階(達成できた!)

2)3)達成の難易度と満足度のバランス
達成の難易度の適正(適正の程度は計画の充実によって調整できます)
達成の満足度の適正(適正の程度は計画の充実によって調整できます)


4)メリットとデメリット(気がかり)のバランス
1) 現在の仕事の仕方のメリット(しない場合のメリット)
2) 目標を達成しない場合のデメリット(しない場合のデメリット)
3) 目標達成した場合のメリット(した場合のメリット)
4) 目標達成する場合のデメリット(した場合のデメリット)


5)適切な目標と具体的で適切な計画
計画は目標を達成する手段です。具体的でないと実際に行動が起こせません。
しっかり計画を策定するようにしましょう。
その際、原理原則を遵守するようにしましょう。 原理はもともとあることで、後から人間が発見したことです。

 原則は原理をもとに人間が創ったルールです。原理原則は過去の多くの成功や失敗の事例から導きだされた共通項です。
言い方を変えると先人の知恵、教えです。
人気のあった刑事ドラマで「事件は現場で起こっている!」が名台詞だったそうですが、原理原則は、現場から発見した答えなのです。

ニュースはその名の通り、新しいことです。
必ずしも原理原則に一致していません。
ですから一過性の人気でしかないニュースに乗って、新ビジネスを始めたものの、結局失敗する事例が後を絶たないのは、原理原則からはずれているからです。

よくセミナーなどで成功体験を聴くことがありますが、発表されているご本人が成功の要因を間違えていることが少なくありません。
受講者が話を鵜呑みにした場合、判断ミスをすることがあります。
ですから、受講するときには、新しい話に関心を持つだけでなく、必ずある「原理原則」を発見するように注意しながら聴くようにしましょう。
余談ですが、マナー、エチケットも、原理をもとに円滑な共同生活が営めるように、人間が考えだしたことです。
冒頭に戻って説明します。


以下の5つの課題(条件)は、どれかひとつをすると効果が出るというわけではなく、ほぼ同時進行することから、モチベーションは引き出されます。

・目標達成ステップの踏襲
・達成の難易度(可能性)の判断
・達成時のよろこびの大きさ(満足度)
・メリットとデメリットのバランス(不安とよろこびのバランス)
・具体的な計画(達成方法のマスター)

5つが同時進行しないと、全体像がぼやけてしまい、何度も気持ちが揺らぎ目標達成ステップを行ったり来たりして、そのうち考えているだけで止まってしまいます。
鉄は熱いうちに打てといいますが、打つ時期を間違って、揺らいでいる時期にスタートすると、覚悟が出来ていないため失敗します。
取り組む魅力は、達成時の満足度、実行したときの不安とメリットへの気づきの集合で創造されます。

いくら難易度が適切で、満足度も大きくても、実行段階での不安、いやな思いが強いと気持ちは引いてしまいます。

それでも取り組む決意をするには、不安を乗り越えられると思える具体的な計画がないと不安は弱まらないので、思うように行動にまで進みません。
具体的な計画も含めて、5つがバラバラに進行したり、何かが実行されなかったりして、いつまでも気持ちの整理ができないまま、モチベーションを引き出せずに準備不足でスタートしてしまうことが多いのです。

当然、求めるものにはほど遠い結果はになります。
先の英会話の事例と同じように、その失敗の理由をやる気がないと結論づけるケースが多いのです。

決して望ましいことではないので気をつけたいものです。

モチベーションとイチローの物語

「ここまでヒツトを重ねるには、それよりはるかに多い数の凡打を重ねなくてはいけない。やっぱり思うことは2000という表に出る数字じゃなくて、それ以上にはるかに多い数の悔しさを味わってきたことのほうが僕にとっては重い気がします」(イチロー:談)
これは大リーガーで活躍するイチロー選手の談話です。

つまり、「打てなかったときに、落ち込む人は多いけれど、ぼくはそうじゃない。打てなかったときほど、やってやると闘志がわき、考え、工夫して、練習をした」ということです。
それを裏付ける言葉があります。

「やれることはすべてやりましたし、どんなときも手を抜いたことは一度もなかった。やろうとしていた自分、準備をした自分がいたことは誇りに思います」
(イチロー:談)

イチロー選手は特別な人でなく、みんなと同じですが目のつけどころが違うわけですね。

そのことを本人が一番知っていて、みんなにも気がついてほしいと願っている。
だからこそ、みんなと同じだけど、みんながしていないこと、つまりイヤになったとき、落ち込みそうになったとき、仕事から離れたくなるときほど、仕事に打ち込んだことを、誇りにしたいと語っているのです。

みんなが、していないこととは、できないことでも、あきらめずに、どうしたらできるのかを考えて行動したことです。
バットを置いて考えるのではなく、置かずに、いつも振りながら考えたということです。
過去の成功も未来の不安もない。
ただいまこの瞬間、どうしたら打てるのかと、練習中も試合中も考えながらバットを振っているだけなのです。

だから不安になっている時がない。とてもシンプルです。
でもたいていの人は、嫌気がさして、つまり失意の内にバットを置いて気晴らしに全然違うことをする。

あるいはバットを置いて考える。あるいはさっさとあきらめる。
そして、これが一番重要なことだけど、それと引換に自己肯定感を失っているのです。
自分はダメだと思うようになってしまうのです。
計画を立てるには、その問題について知識が必要です。
知らないことに挑戦するとは、計画のしょうもないのが普通です。

そこで大事なことは、計画する→実行→チェック(うまくいかなかった)→反省する(計画のやり直し)を続けることです。
結局、反省しない人が、対策を出さないことを通して、自分はダメだと烙印を押しているのです。

事件の現場から聴こえてくる言葉は、「烙印を押している考えても仕方のないことに時間を使っているなら、現実に反映できる考えて仕方のあること、つまり反省して手を打つというたらどう?」しかないのです。
原理原則そのものでもあるそれは・・・・

自分が進む路上を見上げれば、きらめく★は、雨でも嵐でも決して隠れずに、いつも輝き続けています。

今この瞬間に集中できるようになったらハッピーです。


モチベーション


とんがるモチベーションの作り方 
自分を好きになる作法


最新 全面改訂版

A4  418ページ

付録 
自分マネジメントハンドブック 
A4  40ページ(PDF配信)

 


はじめに

第一章 ライフスキル
【1】邪魔をしているものを知る    1
【2】ライフスキル 集約した5つのスキル  11
【3】自己効力感  20
【4】やりがい  25
【5】基礎的な力  46
【6】ライフスキルと7つのゴールデンルール  81
【7】7つのゴールデンルール  85


第二章 モチベーション
【1】思うように自己実現ができないのは、どうして?  114
【2】モチベーション  118
【3】目標達成6つのステップ 127
【4】「STEP.2 考えている段階」からSTEP.3へ進むために 130
【5】「STEP.3 達成したい!」にステップアップするために  139
【6】「STEP.4 よし、達成するぞ!」実行の段階  148
【7】「STEP.5 今日は達成した!」持続の段階  156


【主な内容】モチベーションとインセンティブ計画力はマイルストーンで変わる / じぶん力はマネジメントとコントロール /自律心が時間を増量する /目標達成 6つのステップ/ メリットとデメリットで心の整理/達成したいと思うレベル STEP.3 準備の段階 ブレーキをかけるじぶんに気をつけよう/モチベーションを引き出す手順/ モチベーションの基本/ スタートでつまずいた場合/ 目標達成フォローの原則/ セルフ・マネジメントのコツ

第三章 モチベーション要因
【1】モチベーションがうまれる構造  165
【2】知識・技術要因  168
【3】評価・期待要因  171
【4】セルフマネジメント(自律)要因  176
【5】満足・不満足要因  185
【6】エモーショナル要因1  190
【7】共同体・他者期待・価値要因  193
【8】適性要因  196

第四章 感情
【1】なぜ、私は苦しいのか。  198
【2】自分の選択、自分の責任  202
【3】責任と感情  213
【4】感情と境界  219
【5】感情の使い方  229
【6】親密な関係を育む  233
【7】感情と時間  244
【8】集中へのセルフマネジメント  252


【主な内容】結果は偶然ではなく、自分が選んだ結果/ 自分の選択、自分の責任/ 自分の選択であることを知るメリット/ 自己暗示はしないほうがいい/モチベーションを引き出す技術/モチベーションを引き出す人の特長/ 親の心から <具体的、プロセス重視>/ 大人の心から <目的志向、聴き上手、大局を観る>/ こどもの心から <ユーモア>/ 楽観的 <ポジティブ志向> は悲観論者とここが違う/自尊感情と責任の関係/感情の使い方/ 感情を認め合う技術/ 思いを伝える方法/ 感情と境界/ 親密な関係を育む/ できるか、できないか判らないからおもしろい/ 感情に支配されない/ 時間を支配する/したいことが、しなければならないことに変わっていないか/ 自分にできることをできないと決めつけていないか/ 怖くなって集中をやめていないか/ 先ばかり見て、いま起こっている変化を見逃していないか/ 自分の長所を知らずに短所にふりまわされていないか / 自分をコーチングするセルフ・マネジメント/ 焦点をあわせる技術/ 我慢はポジティブなスキル/ 考える技術/ ストレス・マネジメント/ウェイ(WAY)/アサーティブ・トレーニング/ サポートを受ける/ 自分をじぶんの味方にする

第五章 アサーティブ
【1】アサーティブ  278
【2】アサーティブの仕組み  286
【3】アサーション権  293
【4】アサーションに関する3つのタイプ  315
【5】スイッチチェンジ  329
【6】モチベーションを引き出す人  338
【7】三つの人格の使い方で人生は変わる  349
【8】三つの心で動く  360


第六章 おそだてコム
【1】自立する学習  374
【2】自立する仕事  383
【3】自立する結婚/夫婦  389
【4】自立する子育て  393
【5】自立する介護  404
【6】自立する自分  409


おわりに  414


付録 じぶんマネジメント・ハンドブック(PDFでの配信のみです)

内容は予告なしに変わる場合があります。ご了承ください。

「とんがるモチベーションの作り方  モチベーション」この一冊でモチベーションがあがる最大の理由・・・・生きる楽しさと幸福感が身体のなかから噴射してくるからです。

誰だって願いがある。誰だって幸せになりたいと願っている。
とんがるモチベーションにはコツがあります。
モチベーション アップ
全体図
モチベーションアップ
知識・技術要因
モチベーションアップ
評価・期待要因
モチベーションアップ
セルフマネジメント要因
モチベーションアップ
満足・不満足要因
モチベーションアップ
エモーショナル要因
モチベーションアップ
適性要因
モチベーションアップ
共同体・他者期待・価値要因
モチベーションアップ
アサーティブ
モチベーション・テスト
 
「とんがるモチベーション 自分を好きになる作法」イベント特報
 
4800円        5800 円       8800円

  CD版   発送方法


愛されなくても、はちきれる幸福が本当の幸福!

自分を好きになる作法
とんがるモチベーション
の作り方

とんがるモチベーション CD版
商品番号8002 5800円




 


勇気の向こう側にいるアナタへ
 
 
agari アガリ 自己実現をサポーリする
 
モチベーション
モチベーション アップ
全体図
モチベーション アップ
7つのルール
モチベーションの原則
とんがるモチベーションの作り方
 モチベーションのエプロン
禅とマネジメント
自分をじぶんの味方にするQ&A
自分をじぶんの味方にするためにアサーティブを学ぶ
3ヶ月で10キロやせるダイエット!カラダデザイン
ライフスキルアップに役に立つメールマガジン
自己実現
自分マネジメント
アサーティブ
ライフスキル
ライフスキル 10のスキル
ライフスキルの使い方
恋愛へルプ
ライフスキルと仕事ヘルプ
無料セミナー
ライフスキルを強化する自分モチベーションセミナー
コミュニケーション構築アサーティブセミナー
セミナー
じぶんモチベーション
セミナー
 
とんがるモチベーション
セミナー
自己実現のための
ライフスキルトレーニング
親のための
ライフスキルトレーニング
管理者のための
ライフスキルトレーニング
社会人のための
ライフスキルトレーニング
親と子の
感情マネジメントセミナー
コミュニケーション構築
アサーティブ・セミナー
じぶんマネジメントセミナー
ライフスキル・セミナー
セミナー
自分マネジメントセミナー
おそだてドットコムのストア
ライフスキル 恋愛ヘルプ 仕事ヘルプ 悩みの相談 自分をじぶんの味方にするために
カウンセリング
メール カウンセリング
個人相談  
モチベーション
おそだてドットコム・ストア
RE:ON THE ROAD
こんな旅もある!自分のライフスキルをパワーアップする思いがけない旅の仕方。
 
RE:ON THE ROAD
カルトなプログラム・ピクチャーがライフスキルをアップする
RE:ON THE ROAD
ロックンロール 、キング・オブ・ロックンロール、パンク、Jポップス
やり直しカルチャー
ビューティ&ヘルシーでライフスキルを支援
モチベーションとライフスキルをアップするマイ・プロジェクト コンテスト

 

 
agari アガリ 自己実現をサポーリする

ホームおそだてコムメールマガジンストアカスタマサービスサイトマップ▲このぺージのTOPへ戻る▲

セミナー
お問い合わせFAQ | セキュリティ・ポリシー 買い物カゴ世界で一番大切な君に話すこと。 会社概要 (PDF)


メール お問い合わせ

マートワン|おそだてコム事務局
おそだてコム事務局
おそだてドットコム

Copyright (C)2014 Osodate.com All rights reseved