自分をじぶんの味方にするためにアサーティブを学ぶ
おそだてコム お問い合わせメール おそだてドットコムのサイトマップ おそだてドットコムのメールマガジン カスタマサービス|おそだてドットコム おそだてドットコムのメールマガジン カスタマサービス|おそだてドットコム おそだてドットコムの買い物カゴ おそだてドットコムの買い物カゴ おそだてコム ハーブティーとアップルティーのオンライン・カフェ おそだてコム おそだてドットコムのじぶんぢからを再生するストア ココロとカラダの自分リサイクル おそだてコム
ホームモチベーションモチベーションアップ7つのルール
キーワード:

モチベーションアップ 7つのルール


モチベーションを引き出す
には、7つの原則、言ってみれば7つのルールがあります。

モチベーションはマズローの欲求5段階説を具現化したものと言えます。

マズローの欲求5段階とは、

・生理的な欲求
・安全への欲求
・承認と期待の欲求
・自尊の欲求
・自己実現の欲求

モチベーションが高まるとは、マズローの欲求5段階と同じく、自己実現の欲求が高まるベクトルに向くという事です。
モチベーションが高まる理由は、満足・不満足要因知識・技術要因評価・期待要因セルフマネジメント要因(自律)、共同体・他者期待・価値要因、エモーショナル要因、適性要因の7つの原則による効果によります。

その7つのルールをバランスよく使って、モチベーションを高めて目標達成するのが、マネジメントです。
7つのルールを具現化する上で、しっかり支えるのが、アサーティブです。率直、誠実、対等、自己責任をバランスよく使って自己主張を実現するアサーティブの原動力、実行力になるライフスキルです。

 



「なにをしたらいいのか、判らない」という問題

よく、なにをしたいのか自分でも分らないといいます。

つまり、この図でいう「適性要因」のことです。自分に適した仕事、学部とかそういうことです。

適性要因は、いくつかの要因によって、これが自分の天職だと思うようになっています。もっとも大きな要因は、価値ある共同体(社会)からの期待が大きく、その期待に応えられるスキルを身につけていて、しかも自分でセルフマネジメントができる状態です。

これは社会的に認められたアーティストやスポーツ選手をイメージすると理解しやすいと思います。

ところが、誰しも納得はしても、疑問が残るはずです。「そのレベルに到達するにはどうしたらいいの?そのレベルに到達する努力のプロセスに対するモチベーションが問題なのです」という挫折の悩みです。

 

フロー理論 Flow

フロー理論は、ミハイ・チクセントミハイが、著書「楽しみの社会学(Beyond Boredom and Anxiety : Experiencing Flow in Work and Play)」(「喜びの現象学」)で提唱した理論で、ピークエクスペリエンスとも言われています。
「流れているような感覚」にちなんでフローと命名されました。

フロー状態を経験された方は非常に多いはず。
フロー状態とは、なにかに没頭しているときの特殊な心理状態のことで、集中していると同じことをしていてもストレスや努力感が少なく、楽しさを感じる状態のことです。フロー状態では時間を忘れるほど楽しく充実感があります。
フロー状態とは、禅でいう「いまこの瞬間に集中する」と同じ意味のことです。

続くフロー状態、続かないフロー状態

自分でじぶんをフロー状態にするより、会社なんかで、上司が部下をフロー状態にするほうが容易だと思います。
これはアルコール依存症のひとが自分で治すのと、他者の管理下で治すのでは、どうかt、と考えると判ると思います。

わたしはコンサルをしていて、業績を改善するための最初のひとつとして、体験によって、やればできるんだということを知ってもらうために、社内プロモーションを企画・運営して、従業員の方々をフロー状態にしてしまいます。すると当然のように業績は著しく変化します。
放置しておくとその勢いは継続しません。継続の期間、レベルはマネジメント力で変わります。そのマネジメント力というのが、この図をバランスよく調和のとれた状態で運用する力です。
プロモーションが終わって、社内の方々だけに任すと、元の状態に戻る会社も少なくありません。これでは台無しですが、その台無しは満足・不満足要因を除いて、すべての要因で起こってくるのです。その根本はひとに対する思いやりの欠如です。つまりアサーティブ、ライフスキルへの配慮が余りにも欠如していて、温かみがないのです。
では、そのひとたちはそんなに冷たいひとかというとそうではない。

ただ温かいだけ、やさしいだけではダメなんです。これは仕組みですから、温かみは仕組みとして機能させないと効果はない。場合によれば温かいだけではかえって人間をダメにしてしまうことだってあります。
温かみを図の1〜7のすべてに行き渡らせることが重要なのです。

知識・技術要因 評価・期待要因 セルフマネジメント要因(自律)
満足・不満足要因 エモーショナル要因 共同体・他者期待・価値要因
適性要因 アサーティブ OJT

 



とんがるモチベーションの作り方
モチベーション とんがるモチベーションの作り方
とんがるモチベーションの作り方


とんがるモチベーションの作り方 
自分を好きになる作法


最新 全面改訂版

A4  418ページ

付録 
自分マネジメントハンドブック 
A4  40ページ(PDF配信)

 


はじめに

第一章 ライフスキル
【1】邪魔をしているものを知る    1
【2】ライフスキル 集約した5つのスキル  11
【3】自己効力感  20
【4】やりがい  25
【5】基礎的な力  46
【6】ライフスキルと7つのゴールデンルール  81
【7】7つのゴールデンルール  85


第二章 モチベーション
【1】思うように自己実現ができないのは、どうして?  114
【2】モチベーション  118
【3】目標達成6つのステップ 127
【4】「STEP.2 考えている段階」からSTEP.3へ進むために 130
【5】「STEP.3 達成したい!」にステップアップするために  139
【6】「STEP.4 よし、達成するぞ!」実行の段階  148
【7】「STEP.5 今日は達成した!」持続の段階  156


【主な内容】モチベーションとインセンティブ計画力はマイルストーンで変わる / じぶん力はマネジメントとコントロール /自律心が時間を増量する /目標達成 6つのステップ/ メリットとデメリットで心の整理/達成したいと思うレベル STEP.3 準備の段階 ブレーキをかけるじぶんに気をつけよう/モチベーションを引き出す手順/ モチベーションの基本/ スタートでつまずいた場合/ 目標達成フォローの原則/ セルフ・マネジメントのコツ

第三章 モチベーション要因
【1】モチベーションがうまれる構造  165
【2】知識・技術要因  168
【3】評価・期待要因  171
【4】セルフマネジメント(自律)要因  176
【5】満足・不満足要因  185
【6】エモーショナル要因1  190
【7】共同体・他者期待・価値要因  193
【8】適性要因  196

第四章 感情
【1】なぜ、私は苦しいのか。  198
【2】自分の選択、自分の責任  202
【3】責任と感情  213
【4】感情と境界  219
【5】感情の使い方  229
【6】親密な関係を育む  233
【7】感情と時間  244
【8】集中へのセルフマネジメント  252


【主な内容】結果は偶然ではなく、自分が選んだ結果/ 自分の選択、自分の責任/ 自分の選択であることを知るメリット/ 自己暗示はしないほうがいい/モチベーションを引き出す技術/モチベーションを引き出す人の特長/ 親の心から <具体的、プロセス重視>/ 大人の心から <目的志向、聴き上手、大局を観る>/ こどもの心から <ユーモア>/ 楽観的 <ポジティブ志向> は悲観論者とここが違う/自尊感情と責任の関係/感情の使い方/ 感情を認め合う技術/ 思いを伝える方法/ 感情と境界/ 親密な関係を育む/ できるか、できないか判らないからおもしろい/ 感情に支配されない/ 時間を支配する/したいことが、しなければならないことに変わっていないか/ 自分にできることをできないと決めつけていないか/ 怖くなって集中をやめていないか/ 先ばかり見て、いま起こっている変化を見逃していないか/ 自分の長所を知らずに短所にふりまわされていないか / 自分をコーチングするセルフ・マネジメント/ 焦点をあわせる技術/ 我慢はポジティブなスキル/ 考える技術/ ストレス・マネジメント/ウェイ(WAY)/アサーティブ・トレーニング/ サポートを受ける/ 自分をじぶんの味方にする

第五章 アサーティブ
【1】アサーティブ  278
【2】アサーティブの仕組み  286
【3】アサーション権  293
【4】アサーションに関する3つのタイプ  315
【5】スイッチチェンジ  329
【6】モチベーションを引き出す人  338
【7】三つの人格の使い方で人生は変わる  349
【8】三つの心で動く  360


第六章 おそだてコム
【1】自立する学習  374
【2】自立する仕事  383
【3】自立する結婚/夫婦  389
【4】自立する子育て  393
【5】自立する介護  404
【6】自立する自分  409


おわりに  414


付録 じぶんマネジメント・ハンドブック(PDFでの配信のみです)

内容は予告なしに変わる場合があります。ご了承ください。

「とんがるモチベーションの作り方  モチベーション」この一冊でモチベーションがあがる最大の理由・・・・生きる楽しさと幸福感が身体のなかから噴射してくるからです。

誰だって願いがある。誰だって幸せになりたいと願っている。
とんがるモチベーションにはコツがあります。
モチベーション アップ
全体図
モチベーションアップ
知識・技術要因
モチベーションアップ
評価・期待要因
モチベーションアップ
セルフマネジメント要因
モチベーションアップ
満足・不満足要因
モチベーションアップ
エモーショナル要因
モチベーションアップ
適性要因
モチベーションアップ
共同体・他者期待・価値要因
モチベーションアップ
アサーティブ
モチベーション・テスト
 
「とんがるモチベーション 自分を好きになる作法」イベント特報
 
モチベーション
とんがるモチベーションの作り方 とんがるモチベーションの作り方
4800円        5800 円       8800円

  CD版   発送方法


愛されなくても、はちきれる幸福が本当の幸福!

自分を好きになる作法
とんがるモチベーション
の作り方

とんがるモチベーション CD版
商品番号8002 5800円





勇気の向こう側にいるアナタへ
 
 
agari アガリ 自己実現をサポーリする
 
モチベーション
モチベーション アップ
全体図
モチベーション アップ
7つのルール
モチベーションの原則
とんがるモチベーションの作り方
 モチベーションのエプロン
禅とマネジメント
自分をじぶんの味方にするQ&A
自分をじぶんの味方にするためにアサーティブを学ぶ
3ヶ月で10キロやせるダイエット!カラダデザイン
ライフスキルアップに役に立つメールマガジン
自己実現
自分マネジメント
アサーティブ
ライフスキル
ライフスキル 10のスキル
ライフスキルの使い方
恋愛へルプ
ライフスキルと仕事ヘルプ
無料セミナー
ライフスキルを強化する自分モチベーションセミナー
コミュニケーション構築アサーティブセミナー
セミナー
じぶんモチベーション
セミナー
 
とんがるモチベーション
セミナー
自己実現のための
ライフスキルトレーニング
親のための
ライフスキルトレーニング
管理者のための
ライフスキルトレーニング
社会人のための
ライフスキルトレーニング
親と子の
感情マネジメントセミナー
コミュニケーション構築
アサーティブ・セミナー
じぶんマネジメントセミナー
ライフスキル・セミナー
セミナー
自分マネジメントセミナー
おそだてドットコムのストア
ライフスキル 恋愛ヘルプ 仕事ヘルプ 悩みの相談 自分をじぶんの味方にするために
カウンセリング
メール カウンセリング
個人相談  
モチベーション
おそだてドットコム・ストア
RE:ON THE ROAD
こんな旅もある!自分のライフスキルをパワーアップする思いがけない旅の仕方。
 
RE:ON THE ROAD
カルトなプログラム・ピクチャーがライフスキルをアップする
RE:ON THE ROAD
ロックンロール 、キング・オブ・ロックンロール、パンク、Jポップス
やり直しカルチャー
ビューティ&ヘルシーでライフスキルを支援
モチベーションとライフスキルをアップするマイ・プロジェクト コンテスト

 

モチベーション mo-3

agari アガリ 自己実現をサポーリする

ホームおそだてコムメールマガジンストアカスタマサービスサイトマップ▲このぺージのTOPへ戻る▲

セミナー
お問い合わせFAQ | セキュリティ・ポリシー 買い物カゴ世界で一番大切な君に話すこと。 会社概要 (PDF)


メール お問い合わせ

マートワン|おそだてコム事務局
おそだてコム事務局
おそだてドットコム

Copyright (C)2014 Osodate.com All rights reseved

ライフスキル アサーティブ 【 モチベーション 】モチベーションアップ7つのルール 知識・技術要因 【 モチベーション 】モチベーションアップ7つのルール 満足・不満足要因