おそだてコム お問い合わせメール おそだてドットコムのサイトマップ おそだてドットコムのメールマガジン カスタマサービス|おそだてドットコム おそだてドットコムの買い物カゴ おそだてコム ハーブティーとアップルティーのオンライン・カフェ おそだてドットコムのメールマガジン カスタマサービス|おそだてドットコム おそだてドットコムの買い物カゴ おそだてコム おそだてドットコムのじぶんぢからを再生するストア ココロとカラダの自分リサイクル おそだてコム
ホーム,おそだてコムサカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」
ライフスキル講座は20代から30代の女性に圧倒的なご支持をいただいています。
サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」
目的がないのは「心の自殺」。折ったのは自分。就職・転職する前に。結婚・離婚する前に。出産する前に、子育て中に知ってさえいたら・・・気がつけば「遅い」はない。きっと幸せにする。幸せになる。
 

わずか5分。この文章を読むだけで、あなたの「じぶんぢから」が再生する。変えられなかった自分と生き方を変えて幸福を呼ぶ酒井式じぶんぢから最強化術。

なぜ、おそだてドットコムのEラーニングで、幸せだと思える人が続出するのか?

幸せな人生を送る秘訣は、自立です。

就職、パートナー選び、結婚、子育て、家族、加齢、どれをとっても、幸福に過ごすには、自立なくして実現できません。
あなたは、自分の人生を他人に選択してもらい、他人に代行してもらいますか。

そんなことしませんよね。
幸福に生きるとは自分が選択して行動することなのです。つまり自立です。

しかし、自立は孤立ではありません。経済的な自立を言ってるわけでもありません。一番大切なのは、自分と周囲の人の限界を知って、自分ができることをして、必要な助けを求めることなのです。



信じられますか?
自分はもうだめだと思った瞬間から、天国のような幸福感を味わう瞬間に、
スイッチするのに、1日も必要としないのです。


なにごとも良くなるのにゆっくり進んでいくと考える傾向があります。たとえば健康のための運動はその例です。
毎日の運動の成果が10年、20年かかります。
しかし、丸太橋は一気に渡れというようにすぐにやらないと得られない成果もあります。
さらにわずか30分で世界が変わることもあります。




人は誰にもできることと、できないことがあります。他人を変えることは私にはできません。
自分にできることは自分の選択と行動だけです。
それに気がついたから、私は気持ちが楽なりました。

では、なにが一番大切なのか・・・・・
まずは、ここまま先をお読みください。


宣言しておきます。私はあなたの人生を変えることは簡単だと思っています。

それは、とてもたやすいことです。
いま私は他人を変えることはできないと言いました。
それをくつがえすような意見ですが、そうではありません。

私のサカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」を忠実に実践してくれるなら、それはとてもたやすいこといです。
あなたが恋愛やパートナー、対人関係など、人間関係で悩んでいるのであれば、相手や周囲の人からこう言われると思います。



「以前と比べて、比較にならないくらい雰囲気が変わったけれど、何かしたんですか?」

そう言われることでしょう。
たとえば、仕事の仕方や、仕事上の人間関係で悩んでいた女性は、受講まもなく、小学校一年生のお子さんから「最近、お母さん変わったね?」と微笑みながら言われたそうです。
因果関係があるからです。仕事での悩みは、親子の問題でもあり、夫婦の問題だったのです。

20:80の原則って聞いたことがあるでしょう。
パレートの法則と言う経験則です。重要な20%が全体の80%をクリアしているという経験則です。
たとえば売上の8割は全顧客の2割が生み出しているというようにです。同じことが彼女のなかで起こったのです。

受講して4ヶ月、上司との関係、こどもとの関係、パートナーとの関係、3つの重要な問題がイッキに変わったのです。彼女は自分の内側に、それまでなかった自分への信頼感がみなぎったのです。

あなたの人生を変えるのは簡単だと言ったのは、すべてを変える必要はない、重要な20%を革新的に変えればいいからです。
あなたにとって、20%がなにで、どうしたらいいのか、私はそれを具体的に提案とサポートします。

eラーニング/サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」の酒井実です

どうして、そこまで言い切るのか。その理由はこちらに


本当のところ、日本一かどうか、比較のしょうもないので分かりません。(笑)でも、そうだと思い、めざして全生活を投げこんでいます。
人の自慢話ほどつまらないものはないと思います。
そこでまず、自慢話をさせていただこうと思います。(笑)
20秒ほどで手短に自慢しますのでお付き合いください。

私は、ビジネスコンサルタントをしていますが、その一方で現在、インターネットを使ってEラーニング、書籍を展開しています。
そのためにこれまでの全体験と研究をまとめてきました。
その抽出した成果で多数の方から「自分が変わった」「人生が変わった」という声をいただいています。

1年過ぎて、いま涙が止まりません。なりたい自分にこんなにも近づいたなんて嘘みたいです。
行動の量と質に大きな変化が起こりました。もう私は大丈夫です。
自分のありたい姿のために起こす行動ができるようになりました。
家族との関係がとても良くなり主人やこどもが愛おしく思えるようになりました。
サプライズ・ユーは本当でした。ありたい自分のために行動ができるようになりました。
自分の育て直しができて、第2に成人式ができました。
本当にぴったりの言葉です。出会いに感謝しても感謝しても感謝しきれません。ありがとうございます。


先ほどお伝えしたように「以前と比べて、比較にならないくらい雰囲気が変わったけれど、何かしたんですか?」「最近、お母さん変わったね?」と声をたくさんいただいています。そして感謝されています。

講座に参加した方はこう言います。「変わりたい」

それまで「変わらなければならない」と思っていた人が、「変わりたい」と思うようになったのです。
他人を変えることはできないと信じている私が、会ったこともない人を変えているのです。


なぜ、短期間でこうも簡単に変えられるのでしょうか?


秘密があります。
人が変わりたいと思い、変わっていくにはルールがあるのです。

その「ルール」に私は、あることを通して気づいてしまったのです。

知りたいですか?

現在大リーグ活躍しているイチロー選手が小学校6年のときに書いた作文が「イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫」という本に紹介されていました。

「ぼくの夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校で全国大会へ出て、活躍しなければなりません。
活躍できるようになるには、練習が必要です。ぼくは、その練習にはじしんがあります。

ぼくは3歳のときから練習を始めています。
3歳〜7歳までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは365日中、360日ははげしい練習をやっています。
だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時〜6時間の間です。
そんなに、練習をやっているんだから、必ずプロ野球選手になれると思います」



わかりましたよね?

幸福の秘訣は、ここにあります。

「一週間中、友達と遊べる時間は、5時?6時間の間です。
そんなに、練習をやっているんだから、必ずプロ野球選手になれると思います」

選択と集中の大切さが伝わる言葉ですが、なかなかできません。
この話をすると、よく「イチローも偉いが、親が偉い」と返って来ます。
そして、自分の親の話に移ります。そこなんですよね。私が言いたいのは親の話ではなく、自分の選択と集中なのです。

最初にお話したように、「他人を変えることは私にはできません。自分にできることは自分の選択と行動だけです。」が現実なのです。
つまり私が気づいたのは、「選択と集中」が大事なことはみんな知っているはずなのに、それをしない事実です。

幸福になるために、私はなにをどうしなければならないのか。
そのために必要なことは何で、どうしたらいいのか、そこが分かったのです。
この文章のなかにも、ルールが書いてありますので、注意深くお読みください。

勝間和代になれない

たとえば、ダイエット、貯金、禁煙、資格・・・・が思うようにできない。
できない人には共通した原因があります、

・目的(ゴール)が曖昧
・目標に無理があり、計画に難があり、実行が出来ていない
・継続する仕組みがない
・感情のコントロールができず、我慢力が弱い
・コミュニケーション・スキルが弱い
・流行りの情報に振り回されている。
・結果を急ぎ、マネジメントサイクルを回せない

さて、問題は、このようになる原因です。
たとえば、このような問題解決のために勝間和代さんの本を読む。でもできない。落ち込む。

あなたは 怠け者だから・・・・意志が弱いから・・・原因を自分に探す。
しかし、原因は、そうではない!


だから落ち込む必要はない。
本を読んでも、本当の原因が分からないのは、こうなる原因が別にあるからです。
その理由はシンプルです。

解き明かします!

あなたは考えたこともなかった事実を知るでしょう!



私は、いまとても幸福です。

私は「七福神」の布袋さんが好きで、あんな風になりたいと思っています。健康に注意しているので体型は違いますが、懐の深いところに厳しさを潜ませながら、その気配を感じさせない「やさしさ」に憧れています。

私はバツイチで独身です。過去に、2年間ほど無茶な働きすぎで、会社の床にごろ寝していたことが災いになり手術の後遺症にも悩まされています。しかし
達成感があるので後悔はしていませんが、何かつけて思い出ボロボロな人です。
ボロボロになりながら、これでいいのかを考える時間もなく、ひたすら仕事をしていましたが、いつも人間が課題でした。
「仕事は愛」が私のポリシーです。


どんな仕事にも目的を持つことの大切さを体験で学んできました。
困難を乗り越えるために、人の力が必要になります。

価値観の違いに出会うたびに、価値観の統合を重ねてきました。
自分のためでなく相手のために、どうしたら幸福にしてやれるのかを考えてきました。

本業であるコンサルタントでは会社を良くする立場で発想し、発言しています。
そのなかには時には個人は置き去りになることもあります。
可能な限りすくうようにしているものの、限界を超える場合もあり、もっと違う価値観を持てるようにしてやればと断腸の思いがするときがあります。

職場は学校ではないので限度があります。
このような思いがすべて結実したのが、サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」です。
伝えたいことがあります。伝えたい思いがあります。インターネットは伝える手段に最適だと思いました。

その中身には自信があります。仕事も恋愛も遊びも全力投球でしか得られないことがあります。
寝食を忘れて、自分の体験を検証しながら、研究してきたすべてから客観的に抽出したことをお伝えする講座です。

恋愛する前、就職する前、離職する前、結婚する前、離婚する前、出産をする前、知ってさえいたら防げたのに・・・そんな思いをさせたくないのです。知ってさえいたら防げるのです。

会社の床で寝て過ごした、まさしく地を這うように命がけで働き、汗と涙の30数年かけて獲得した暮らしのさまざま、換金したら楽に1億円以上するノウハウを、5万円未満で学べるのです。

だから、どんな人でも講座さえ受けたら、幸福にできる。私はそう考えていました。
感謝の言葉を受ける一方で、そうでない場合もありました。
人生はそう簡単でないことを実感する瞬間が何度もありました。


「支払っていただいた費用がもったいない。」それは重苦しい悲しみです。

「人は誰にもできることと、できないことがあります。他人を変えることは私にはできません。
自分にできることは自分の選択と行動だけだ。」と実感する瞬間です。
想像してください。
きっと、この人も変わる。「変わりたい」と思ってくれる。意気込んで始めるけれど、その気配がない。無力感が私をノックします。

しかし、何としてでも、変わりたい、変わったと言わせたい。喜びがあふれるメールを受け取りたい。
「ああ、よかった」と見送りたい。 人生の最後に、それができる「じぶん力再生サポーター」になるんだ。
自由の感覚を自分と受講生の心身にみなぎらせたい!決意は、昨日の決意を今日の決意に塗り替えています。

毎日、毎日、さらに研究を重ねる。サイトのページはどんどん増えて、惜しみなく披露されていることに感激しますとメールをたくさんいただきます。
一流企業から、病院、学校まで、営業から人事、生徒さんから校長先生まで、資料に使わせていただいていいですか?打診から講演の依頼までいただいています。
しかし私の本分は、1対1の魂をぶつけあうパーソナルな講座にあります。
それが私のスタイルだと思っています。
私は本気なのです。

ずっと以前、ある一流企業のセミナーで話した時のことです。
質疑応答で、「どうしたら改善できるでしょうか」みたいな質問をいただいた時に、「本気になることです」と回答しました。
後からなんと馬鹿なことを言ったのかと反省しましたが、それは本当の思いだったのです。
自分は本気でやってきた。周囲から反対されても馬鹿にされても手を抜かすやれることを精一杯やってきた。その思いがあったので、つい自然に出てしまったのです。

「仕事は愛」のポリシーは、部下の人間的な成長を求め続けた成果から獲得した思いです。
その思いは「じぶん力再生サポーター」の基礎になっていて、サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」を支えています。


なぜ、私の受講生が、こうも幸福な結果を出せるのでしょうか?

私のノウハウを伝えて、サポートするだけで、価値観が変わり、行動が変わる、みなさんが幸福の階段を昇り始めます。
残念ながら私の力が及ばず変化を手にしない人もいますが、それでも私の講座による幸福の実績は、本屋さんでは手に入れられないものだと思います。
なにより、そのことを私自身が知っているからです。


では、肝心な話に入ります。

どうやって、あなたを変えるのか?
これは私の受講生が必ずぶつかる問題です。
サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」では毎週テキストを配信します。
これを読んでいただきます。
それではメルマガと同じではないのか?そう思いますよね。
いくら内容が充実していてもテキスト読むだけで、自分が変わるとは思えない。
そうです。私も思いません。すべてはこの後に始まります。

私が講師で、あなたが受講生。
さて、主体性は、どちらにあると思いますか?講師でなく受講生であるあなたなのです。
実は、この関係性そのものが、あなたを変える最初の一歩なのです。
ライフスキルが不足していて、自分を好きになれない人は、主体的に生きていくことが苦手なのです。
だから、聞く側になることにはなれています。

サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」では、まず、この状況を変えます。
あなたが私に投げかけない限り、私は動けません。
私はひたすら「あなたのことを教えて」と言うだけです。
リアルな教室なら息がつまります。他の人がいたら言いたくても言えません。
パーソナルなインターネットだからできるのです。


成功にも、失敗にも原理原則が働いています。

あなたが話し出すと、私は全身全霊で傾聴します。
そしてあなたを知ろうと自分のすべてを駆使します。分からなければ、未知の領域にも飛び込みます。
プロフェッショナルだから持ち合わせている膨大な情報から、あなただけの答えを見つけます。

相談するだけなら、友人にもできます。決定的に違うのが、原理原則から導き出す回答です。
たとえばテレビで人生相談を俳優さんがやったりしています。俳優さんもピンきりですが、自分の意見では回答にならないのです。友人の場合も同じです。

成功にも、失敗にも原理原則が働いています。原理原則とは、数多くの事象に共通している起こった事実です。
たとえば病気になる人には共通した悪癖がある。共通点を見つけるには、数多い事例が必要です。数多く集めるほど、信憑性はまします。

一件の事例に学ぶならたまたまとしか言えませんが、100、1000、10000と数が増えていくほど、そこで発見した共通点は確かな条件になります。
人生経験が豊富、学問だけでなく、過激なほどの恋愛体験や働く現場や生きる現場で獲得した知識と体験。
それを引き出すのは、受講生なのです。

私が主体性を持てば、受講生は私の言うことを聞くこどもになるしかありません。
それは私がめざすものでも、あなたがめざすものでもないでしょう。私はあなたを尊重しています。

成功者は、「どうしたらいい」を視点を大切にして実行します。
「なぜ、それをするのか」理由と目的があれば、自分を進化させることは自然にできます。
羅針盤があれば、「どうしたらいい」か、サポートができます。

しかし、「なぜ、それをするのか」は覚えているようでも日常に追われると忘れます。
その間、時の経過だけがあります。目的がない人生は経過だけしかない漂う船です。
羅針盤がない場合には、潜在している欲求に気づくようにガイドします。
サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」は、港であり、航路を伴走するエネルギーの補給船です。

そして、もうひとつ、間違いやすい落とし穴があります。
どんなに頑張っても、これまで獲得した知識や体験を駆使しても、自分の土台になっている幼児期からの体験による生きる構えを間違えていると、すべての努力が無駄になることです。
努力するほどゴールが遠のくことは少なくないのです。
時間をかけて自分にしみついた生きる構えを発見するのは難しいことです。

しかし、これを間違うと致命的な間違いになるのです。生きる構えを間違えたまま努力していると、不満を預金するような状態になり、やがては引き出すときがきます。破綻のときです。

人気タレントの薬物事件はその一例です。彼女の問題は「薬物」そのものでなく、その背景にある生きる構えが変わらない限り、仮に薬物の問題をクリアしても、また違った問題になって表れます。

サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」は、最初の一歩を間違えないように、アンケートをもとに羅針盤の調整を一緒にします。
羅針盤を正しくするには、全体図が見えていることが条件です。
環境問題がしきりに言われますが、環境問題は地球の仕組みが破綻している結果です。
ひとつひとつの現象だけを見て改善しようとしてもできません。地球全体の因果関係があるからです。
ひとつひとつの現象は「葉」でしかないのです。一枚の葉を健康にしようとしたら、木全体を観て、因果関係から解いていくことが必要です。

人も同じです。個人だけを見ているのは葉を見ているようなものです。
人が最初に学ぶ場所は家族です。家族にはそこに暮らす人の因果関係があります。
家族は仕組みです。自分が育ってきた仕組みを知ることは重要です。
自分が努力してもうまくいかないのは、努力を邪魔する考え方が、仕組みのどこかにあるかも知れません。

しかし、サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」では、なぜそうなったのかを追求しません。
しても意味がないと考えています。問題は誰にでも、どこにもあります。問題を乗り越える力こそ大事なのです。
過去よりも、今と未来に目を向けて、「だから、どうしたらいい」にこだわります。
なぜ、サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」は、続々と成功者を出すのか?




私の受講者たちは

幸福と不幸の因果関係の全体像を知り、
95%の人が間違えている生きる構えを正して、努力する最初の一歩を間違わず
どうしたらいいのかを熟知するようになるからです。

それを知った上で、体験と知識をつなぎあわせて、自分に何がどのように起こっていて、自分がどうしていたのかを知ります。



自分の考え違い、行動の間違いなどが体系的に結びついて腑に落ちるのです。
すると、これまでの知識も呼び起こされて、自分のすべてが一体となって生きてくるのです。
それはまさしく再生の感覚です。
そうなのです。
サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」の秘密は、あなたのなかであなたが引き起こす変化なのです。

それは対話を入口して実現します。やがて「ああ、わかった!」と腑に落ちます。
しかしそれは最初の一歩なのです。

そこから始まり、やがて次から次に疑問が湧いてきます。
「わからない」ことが、わかるようになると、さらに「わからない」が増えます。今度は興味に変化していきます。
ひとつの気づきは、じぶんの内に「わからない」を呼び起こします。

この「わからない」こそ、気づきなのです。

「わからない」は自分の内の矛盾を知った声なのです。 「なにかがおかしい」・・・これこそが 全体への気づき。
とまどいは、不安と勇気を生み出しますが、その狭間から自分への期待が生まれます。
もしかしたら「なりたい自分に、変われるのではないか?
因果関係が表面化し、腑に落ちたことが腑から飛び出してしまうのです(笑)。
しかし、それこそ気づきが本格的に始まった証明です。
同じようでも今度の疑問は以前と違い、因果関係、原因と結果が判り始めるのです。


原因と結果が本当に判っている人はひとにぎりです。


「原因と結果」というと、そらそうだよな。と思いますが、しかし言葉の素直さほど、実態は単純でなく、理解していない人の方が多いものです。
「どうして、そんなことしたの?」と尋ねたとき、ためらうことなく答える人は少なくありませんが、本当の原因を知らないままの人が多いのです。
ですから、何年もしてから、「あの時、どうしてあんなことしたの?」と聞くと全く答えられない人がたくさんいます。

その理由は、感情的になって行動したからです。
しかし、こんな調子で、選択と行動をしていたら、どうなるのでしょうか?
目的があっても、実際には感情でその場、その場を生きている。これでは目的を達成することはできないのが自然です。
因果関係を、自分で整理できるようになると、自分が変わる因果関係を、自分で整理できるようになると、自分が変わり出します。

まず自分はなにかとんでもない間違いをしているよいうな気がするようになります。
だからといって、自己嫌悪に陥ることはありません。
間違いだったにしても、自分にはそれが必要だったと判るからです。どんな馬鹿な間違いもムダにはなりません。
すべて必要だったと思えることは、自分を受け入れることができるようになったからです。

自分を受容できると、他者のあやふやな生き方や間違いにも許容できる視点ができます。
親も人間なんだと家族の間違いも受容できます。
そして互いに間違いを少なくしていくことが楽しさの条件だと思うようになります。
そして時間の大切さが本当に判って来ます。


知っているのと、判っているのは全然違う。

時って入ることと判っていることの境界線はどこにあるのでしょうか?
人生は「やったか、やっていないのか」それに尽きます。
判っているとは、実践しているに他ならないと気づきます。強い意欲が起こります。
「変わらなければならない」から「変わりたい」に変わります。
自分への信頼感が起こってきます。

 

「変わらなければならない」から「変わりたい」に
生き方、恋愛、働き方、学び方、子育て、間違いだらけを気づいて、じぶんの物語を自分で書き直す。
脚本、演出、もちろん主演はあなたです。
価値観の変更、じぶん物語の書き直しへの欲求ととまどい。それを楽しめる力がついてきます。
一緒に集めたあなたのアサーティブが半年後、花開きます。 一年後、あなたは第二の成人式を誇りを持って迎えます

 

ライフスキル講座は、こんな人に、おすすめです。

自分の能力はこんなものではないと感じている。
自分に期待を持てない状態にうんざリしている。
スタイルのある自分、スタイルのある暮らしがしたい。
人間関係を煩わしいと思う反面、親密な関係を求めている。
今の仕事ではお金が稼げない不満がある。
感情の乏しい不毛の結婚に堪えて暮らしている。
もっと豊かな感情に満ちた生活がある思いながらできないままでいる。
無気力になるほど退屈でやリがいのない仕事をだらだら続けている。

もっとも、これらは私のイメージに過ぎません。もっと違うタイプの方もいると信じています。

eラーニング/サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」
ライフスキル講座登録

私が自分に約束したテーマです。そして本当にこんな言葉をいただいています。それは自分との約束であり、心密かに受講生のみなさんと交わした約束だからです。

本を読むのはとてもいいこと。人と話すこともいいこと。セミナーを受講するのもいいことです。
ただ難点があります。
本質が判らないまま本を読んだり、本質が判っていないひとに相談したり、本質が判っていない成功事例を聴いても、本質の到達するのに時間がかかってしまいます。
仮説を試すのはいいことですが、実行→検証→反省の繰り返しは時間がかかります。
大事なことは答えを知ること。
そしてもっと大事なことは答えから逆算して、あなたの目的と目標のスケジュール(計画)を作ること。

それ以上に、一番大事なことは、あなたがやりたいことしかしない生活をすることです。

回り道が不必要に時間を奪ってしまうので、いつまでたってもやりたいことしかしない生活に届きません。

ライフスキル講座で実現するQ.O.L

幸福な人生に欠かせない個人の重要なテーマを網羅、講座の内容に落とし込んでいます。
基本は、自分のペースで、1週間のスパンで吸収すればいいだけ。判らないこと、相談したいことも自分のペースですので、事情に応じた態勢で受講できるようにしました。半年前のテキストの内容確認も大丈夫です

 

ライフスキル講座

ライフスキル

生きる技術であり、力となるライフスキルでは、対人関係、家庭、仕事、メンタルへの影響を最適化するレクチャーをします。
感情
感情は暮らしを豊かにします。・教育・経済状態・健康
時間
生きるとは時間をどう使うかということに他なりません。
貴重な時間と自分自身・仕事・対人関係・家庭との関係をどう扱うか、目的を達成するために最適化をレクチャーします
自分への投資(学習・財・健康・育児)
自分への投資では、学習・財・健康・育児面への影響を最適化する方法をレクチャーします。
モチベーション

モチベーションでは、目的・目標、仕事への影響を最適化する方法をレクチャーします。

個人の課題からは、目的、目標、教育・経済状態・健康のモチベーションアップの秘訣
仕事の課題からは、成績・職務・目標・昇進・転職のモチベーションアップの秘訣

アサーティブ
自分も相手も大事にするコミュニケーションを実現する方法、スイッチチェンジの方法などをレクチャーします。

eラーニング サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」6つのテーマは因果関係があり、補完する関係にあるので、どこから始めてもいいのですが、もっとも重視しているは、「感情」と「時間」です。

「感情」と「時間」は、強固に連鎖していて、仕事、恋愛、結婚、子育てなど人生の重要な問題に影響を与え続けています。
自分の時間と自分の感情を自在に扱うことができれば、自分を使いこなすことができるようになり、ご自身の人生は圧倒的な変化を手にします。

他のテーマは「時間と感情」の問題を気づく動機になり、解決するためのものと考えてもいいでしょう。
これはとても深刻な問題で、本を読んだり、話を聴いたりして、刺激を受けたり、なるほどと理解したりしても、瞬間的にモチベーションはあがるけど、継続出来ない困ったことの正体です。

eラーニング サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」 は、シンプルに自分が自分らしく暮らすために、自分のいまと未来を引き受ける自分を創るために、この問題を突破し、自分を自在に扱えるようになることをめざします。

eラーニング/サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」テキストは500ページ超え!

基本テキスト(サンプルと内容アクロバット



メールでの質問と回答

随時、いつでもOKのメールでのご質問は、この講座を受けてよかったと感じていただくために欠かせません。
この講座を1年間もご用意している理由は、理解を深めて行動できるようになっていただくためですが、それには、質問が果たす役割は大きいのです。

先にご説明したように、テキストによって知識として呑み込めても、腑に落ちてくれないもどかしさがあります。
読んでいること、知ったことが、自分の抱えている問題と、どのように絡んでいるのかが、判りにくいからです。
人が本当に知りたいのは、知識ではなく、自分の問題をどうすれば解決できて、自分がどうなるのかと点に集中しています。
不明点の確認、悩みのご相談、知りたいことなど、メールは、この問題をクリアして、自分が求めていた「問題の解決」を可能にしていきます。

メールで回答するのは「ヒント」の役割をします。
後は、自分が試す〜確認〜挑戦するようになっていただくと、これ以上うれしいことはありません。

オプションで、電話でのご相談もお受けします。詳細はメールにてお問い合わせください。

イベント

イベントは、スキル強化を目的にして「強化期間」として展開します。
1年間で3回を予定しています。内容は、その都度、企画します。
イベントのお知らせはメールや郵送でお知らせします。いずれも参加無料ですが、参加はご自由です。

参加自由の理由は、する自由、しない自由、アサーションの理念を大切にしているからです。
さらに、お仕事、プライベート(家庭、子育て)など時間的な事情もおありだと考慮しているからです。
でも「ライフスキル講座」のひとつですから、ご参加いただきたいのが本音であるのは、言うまでもありません。

受講生のための受講生が主役のEラーニング

「主役は受講生」の意味は、成果をあげる上で、特に重要です。

おそだてドットコム事務局がすることは、基本的にテキスト配信のみです。

そのテキストに関連した疑問やご自分が抱えている悩みや問題をご相談いただくことで、授業は進むとお考えください。

つまり配信されたテキストを読むだけなら、本を読んでいるのと変わらない状態です。

おそだてドットコムでは、このような状態を好ましいとは考えていません。

ブリトニー・スピアーズの初期のヒット作で、学校の廊下で踊るシーンをご覧になったことがありますか?
あるいは洋画に登場するハイスクールのガールズトークの場面はどうですか?
廊下にロッカーが並んでますね?日本の学校なら室内にロッカーがあります。
この違いにeラーニング/サカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」のコンセプトがあります。
つまり、日本では先生が教室を変えますが、アメリカでは生徒が授業とに教室を変えます。eラーニングも同じで学ぶ側が主体性を持っていて能動的に行動します。
だから効果がはっきり出ます!

ですから学ぶ行為は、アクティブ・リスニング(傾聴)が基本、質問を投げかける、意見を述べるのが基本です。


ライフスキル講座登録
ライフスキル講座の目的 ライフスキル講座の特徴
ライフスキル講座の内容 ライフスキル講座の課題
ライフスキル講座のスケジュール ライフスキル講座の規約
ライフスキル講座の費用 ライフスキル講座の登録
第二の成人式

参考資料 内容をもっと詳しく説明

ライフスキル講座のお問い合わせ ライフスキル講座の受講者の声

ホームおそだてコムメールマガジンストアカスタマサービスサイトマップ

セミナー
お問い合わせFAQ | セキュリティ・ポリシー 買い物カゴ世界で一番大切な君に話すこと。 会社概要 (PDF)


メール
お問い合わせ


マートワン|おそだてコム事務局
おそだてコム事務局
おそだてドットコム

opyright (C)2014 Osodate.com All rights reserved
記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。
ホーム,おそだてコムサカイ式ライフスキル講座「自分を好きになる作法」