100年時代

100年時代

100年時代のライフスキルの使い方

ライフスキルは今後ますます重度を増してきます。無形資産と言われる生産性資産、活力資産、変身資産、パートナー資産を自力で育んでいかねばならないからです。人生100年時代では「探求期(エクスプローラー)」が重要です。その後に続く、個人事業主やひとり会社という孤独に耐える力を育む時期だからです。
100年時代

ライフシフト、ワークシフトできる子を育てられる親になる

誰でもが親になれるわけではない いまでもそうですが、人口が減少する人生100年時代。 より一層、 誰でもが親になれるわけでもない 誰でもが子どもになれるわけでもない 誰でもがリーダーになれるわけでも...
100年時代

エクスプローラーのためのマインドフルネスで自分を見つける10枚の絵

「なにがやりたいか、解らない」で悩む「若きエクスプローラー」に答えを出します。中小・零細企業のトップの方にも言えることですが、やる気のある方に共通しているのは「いまの自分にできそうにないこと」にチャレンジする姿勢です。成長しない中小・零細企業のトップの方には、この態度を見つけることは困難です。「いまの自分にできること」に終始しています。なので、社員もみんなそうなります。だからやがて人材不足で瀕することになります。
100年時代

100年時代の「ライフスキル2.0」の育て方

100年時代には、4つの無形資産が重要だと言われています。 なぜだか、解りますか?自分を頼りに生きていかないといけないからです。 でも悲観的に考える必要はありません。 ライフスキルを身につけていると、これまで味わえなかった喜び...
タイトルとURLをコピーしました