アサーティブネス

アサーティブネス

マイルストーンを活用して習慣にする

マイルストーンを習慣にすることは、安全を確保する必須条件です、計画を立てて実行する習慣は「ライフスキル」の集積によってなし遂げられます。計画性は思考を刺激します。洞察力を深め、障害を発見して、困難を予測して対策を策定、突破口を開き、自信を深めます。
アサーティブネス

メリットとデメリットからライフスキルを整理する

人は同じことを繰り返しながら、その特徴を強化していきます。すでに答えが出ているのですが、都度、そこまで深刻なものだとは考えません。ヒントはすでに好ましくない「一貫性」に出ているので早くキャッチして、ライフスキルを整えることをおすすめします。
アサーティブネス

相手のストレス軽減に役立つ感情を言葉で伝える方法

自己受容ができていないと、意見を否定されたら、自分が否定されたと思いがちです。そこで意見を言わないか、主語を使わないといった方法をとります。自分を受け入れていたら、自分を率直に表現できるようになります。受け入れてもらえないと決めつけ、思い込みが、いつ、どこで生じたのか、人生を遠回りしないように、自省しましょう。
アサーティブネス

最良の自分を伝えるために「感情的な行動」はしない

日頃の習慣、行動、人間としての質。自分の評判がどんな影響を与えているのか。評判とは、他人の目を気にするというのでなく、自分のスタンダードに到達するという約束。つまりスタンダート(基準)、約束とは、自分の存在証明以外のなにものでもないのです。
アサーティブネス

感情的な行動をしないように感情を知る練習をする

感情的な行動は「習慣化」した行動なので、繰り返す人は繰り返します。その繰り返しが人生を形作ります。感情的な行動は、とても危険な行為なのです。感情的な行動を防ぐために、いまここにある感情を知ることを習慣化していきましょう。
アサーティブネス

ライフスキルとアサーティブの歴史

アサーティブ(積極的な自己表現)とライフスキルは深い関係があります。ライフスキルの不足が自分を十分に相手に伝えられない難点を引き起こしますが、結果的に自分だけでなく相手を傷つけやすいことになります。アサーティブを理解するために、今回はアサーティブの歴史を辿ってみます。
アサーティブネス

ライフスキルでアサーティブに自分を動かす

コミュニケーション能力をアップする上で重要なのは、自分の意見を率直に言えるようになることです。アサーティブ・トレーニングを意識していきましょう。アサーティブとは積極的に自己表現すること。ここではアサーティブ・トレーニングのために13の要素をご紹介します。
アサーティブネス

うまく自分を伝えられない人が、伝えるコツを手に入れる習慣

うまく自分を伝えるにはコツがあります。コツをつかめば誰でも伝えることが得意になります。自意識過剰になるのをやめなさいと言ってもなってしまうのは仕方がありません。自意識過剰になっても伝える方法があります。伝えるコツを習慣にする方法のご紹介です。
アサーティブネス

家族から学習する「アサーティブな人」

健全な仕組みを持つ家族とは問題を乗り越える力を持った家族です。 家族問題のない家族はないと言っても過言ではないでしょう。ないようでもあるのが家族です。 大事な点は、問題が起こったときに、上手に対処できる仕組みがあるか...
天邪鬼

天邪鬼って、どうなってるの?天邪鬼の幸福なシステム。

恋人の天邪鬼に悩んでいませんか? 天邪鬼は本人が意識的に行っているのでなく、自然になってしまう現象なので、人生の重要な場面でもお構いになしに出現します。 そうすると、相手している側も、本意が解らず、間違った選択をしてしま...
タイトルとURLをコピーしました