アサーティブネス

アサーティブネス

家族から学習する「アサーティブな人」

家族はアサーティブの学びの場です。親が日常的にアサーティブな態度をとっていると、子どももアサーティブな態度が習慣化します。親は子育てに目的・目標をガイドラインにしてアサーティブな人に育てらえるようになります。目的・目標がないと、親の権威を振りかざして、自分に従属的な人に育ててしまうリスクがあるので、ぜひ目的・目標を持つようにしましょう。
天邪鬼

天邪鬼って、どうなってるの?天邪鬼の幸福なシステム。

恋人の天邪鬼に悩んでいませんか? 天邪鬼は本人が意識的に行っているのでなく、自然になってしまう現象なので、人生の重要な場面でもお構いになしに出現します。 そうすると、相手している側も、本意が解らず、間違った選択をしてしま...
アサーティブネス

アサーティブ「我を忘れて没頭する」はON/OFF自在にできてこそ素敵。

人は誰でも「快いこと」が好きです。快いことのために暮らしている」といっても過言ではないでしょう。でも「なにがどのように快いのか」を深く認識して、自分の意識に置いていないとわからなくなる可能性があります。自分自身でさえ、自分を欺く仕組みを作っています。「なにがどのように快いのか」を深く認識して、人生100年時代を実りある人生にしたいですね。
子育て

禁止令をかけないで。

こどもにとって重要なのは保護と愛情ですが、感受性の強いこどもは、一層敏感なので影響も大きいものです。 敏感な子には、言語、非言語を問わず親のメッセージが強く浸透します。 「お前は悪い子だ」というネガティブなメッセ...
100年時代

ライフシフト、ワークシフトできる子を育てられる親になる

誰でもが親になれるわけではない いまでもそうですが、人口が減少する人生100年時代。 より一層、 誰でもが親になれるわけでもない 誰でもが子どもになれるわけでもない 誰でもがリーダーになれるわけでも...
アサーティブネス

ヤケ食いをマイスタンダードにしない方法

ヤケ食いをマイスタンダードにしていませんか?ヤケ食いを習慣にして「愛される私になることはありません」・・・100年時代の戦略「ライフシフト」の著者リンダ・グラットン氏は「下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する・・・」と言ってます。ヤケ食いをマイスタンダードにしたら自由民になれません。その理由は・・・
アサーティブネス

あなたを苦しめている本当の原因

人はあれこれ悩みますが、悩みだって考えた結果のひとつです。 いまを考える時、大事なのは「どうなっているのか」より「どうしてきたのか」につきます。 「いまがどうであればいいのか」「どうなっていたかった」 あるいは 「こ...
アサーティブネス

人生を支配している人生のガイドラインに気づくマインドフルネス瞑想

人生を変える人生のガイドラインに気づく毎日5分のマインドフルネス瞑想はいかがですか? ベッドで瞑想する習慣ありますか? ほとんどの方はないですよね。 「グーグルのマインドフルネス瞑想」は、アメリカの企業に広まり多くの企...
アサーティブネス

自分とのつきあい方を教える「マインドフルネス」と「アサーティブ」

上の図は、マインドフルネス(気づき)の瞑想の仕組みを表したものです。 マインドフルネスの目的は真理に到達することにあります。つまり「人の幸福」のことだと思ってください。 「人の幸福」の実体ってなんでしょうね。 功成...
アサーティブネス

アサーティブ。世の中で一番大事なこと

アサーティブネスあるいはアサーション(Assertiveness)は、自他を尊重した自己表現もしくは自己主張のこと。 アサーション・トレーニングの目的 アサーション・トレーニングの目的は何だと思いますか。 ひと言でいうと、...
タイトルとURLをコピーしました