ライフスキル2.0

100年時代

100年時代のライフプランを破壊する13の禁止令

禁止令とは「閉じ込められた世界」にいるようなものです。禁止令の外の世界はどうなっているのかと疑問を持つのが気づきです。 気づけば、疑問をクリアするために、壁、扉の向こうに行くと外の世界を知ることができます。外にあるのはライフプランです。認知の歪みと禁止令が埋め込まれた人生脚本から脱却するもっとも効果的な方法を提案します。
ライフスキル2.0

ライフプランを破壊する「認知の歪み」10の事例

認知とは「その人の物事の考え方、事実のとらえ方」のことです。 認知が歪んでいると、うれしいことでも悲しくとらえてしまう。それだけではありません。 より深刻なのは、自分の捉え方が正しいと信じてしまうので、単純なことが複雑になります。 認...
ライフスキル2.0

仕事・恋愛・人間関係のうまくいかない原因と解決方法

違う結果を期待して、同じやり方を繰り返すのは、客観的に考えたら異常です。でも自分を責める必要なありません。そんな人はたくさんいるので不思議ではありません。問題はなぜそんな合理的でないことをしているのか?そこには巧妙に仕組まれた「罠」があります。その罠はあなたの能力を台無しにするものです。その罠から抜け出るスキルが自己認識スキルです、
アサーティブネス

マイルストーンを活用して習慣にする

マイルストーンを習慣にすることは、安全を確保する必須条件です、計画を立てて実行する習慣は「ライフスキル」の集積によってなし遂げられます。計画性は思考を刺激します。洞察力を深め、障害を発見して、困難を予測して対策を策定、突破口を開き、自信を深めます。
コミュニケーションスキル

感情に呑み込まれない人は6つの設問で目標を設定する

感情に呑み込まれない人は6つの設問で目標を設定します。情緒的な発言に終始する感情的な行動を得意とする人には、合理的な設問もプロセスの仕組みもありません。目標達成に情緒は関係ありません。時に情緒的に見える場合も実際には論理的で合理的なメカニズムが働いています。
アサーティブネス

メリットとデメリットからライフスキルを整理する

人は同じことを繰り返しながら、その特徴を強化していきます。すでに答えが出ているのですが、都度、そこまで深刻なものだとは考えません。ヒントはすでに好ましくない「一貫性」に出ているので早くキャッチして、ライフスキルを整えることをおすすめします。
アサーティブネス

相手のストレス軽減に役立つ感情を言葉で伝える方法

自己受容ができていないと、意見を否定されたら、自分が否定されたと思いがちです。そこで意見を言わないか、主語を使わないといった方法をとります。自分を受け入れていたら、自分を率直に表現できるようになります。受け入れてもらえないと決めつけ、思い込みが、いつ、どこで生じたのか、人生を遠回りしないように、自省しましょう。
アサーティブネス

最良の自分を伝えるために「感情的な行動」はしない

日頃の習慣、行動、人間としての質。自分の評判がどんな影響を与えているのか。評判とは、他人の目を気にするというのでなく、自分のスタンダードに到達するという約束。つまりスタンダート(基準)、約束とは、自分の存在証明以外のなにものでもないのです。
アサーティブネス

感情的な行動をしないように感情を知る練習をする

感情的な行動は「習慣化」した行動なので、繰り返す人は繰り返します。その繰り返しが人生を形作ります。感情的な行動は、とても危険な行為なのです。感情的な行動を防ぐために、いまここにある感情を知ることを習慣化していきましょう。
アサーティブネス

ライフスキルとアサーティブの歴史

アサーティブ(積極的な自己表現)とライフスキルは深い関係があります。ライフスキルの不足が自分を十分に相手に伝えられない難点を引き起こしますが、結果的に自分だけでなく相手を傷つけやすいことになります。アサーティブを理解するために、今回はアサーティブの歴史を辿ってみます。
タイトルとURLをコピーしました