ライフスキルで人生を整える

ライフスキル講座 ライフスキル2.0

ライフスキルって、なんのこと?

ライフスキルは、世界保健機構(WHO)が日常の様々な問題や要求に対して、より建設的かつ効果的に対処するために必要不可欠な能力と定義づけた技術のことです。

人生100年時代を、幸せに過ごすには、自分が望むライフシフト(ワークシフト)が重要になります。それには、ライフプランが決め手になりますが、仕事に必要なスキルを育む力が必須です。しかも時代の変化を見越して複数のスキルアップを準備しなければなりません。

ライフスキルは、それらを支える礎になります。

ライフスキルには10種類ありますが、ライフスキルを支えるのが、メンタルモデルです。

では、自らをデザインし、進化を続けるライフスキルについてお話を進めましょう。

人生100年時代のライフスキル

ライフスキル講座

自己実現に欠かせないライフスキルは、 世界保健機構(WHO)が日常の様々な問題や要求に対して、より建設的かつ効果的に対処するために必要不可欠な能力と定義づけた技術のことです。ライフスキルは、よりよく生きるために「なにを、どうするのか」という選択の場面で役に立つ技術で、性格を変えようとするものではありません。

かつては、生活の知恵やコツとして、親から子へしつけというかたちを通して、地域社会や子供社会で、また年長から年少者へ世代の違った集団による遊びの中で、無意識的・体験的に伝えられていたものです。
しかし、少子化、地域社会の変質、情報化が進むなかで、世代間の乖離が進み、人間関係が希薄になり、ライフスキルスキルを学ぶ機会が極度に減少する傾向にあります。

そうしたなかにあって、ゲンキポリタンでは、人が幸福、安全、快適に暮らすためにいまもっとも必要とされているものは携帯電話でも、液晶テレビでもない、 ライフスキルこそが、いまもっとも必要とされていることだと信じています。

ライフスキルの内容は10種類ありますが、これらは相互に密接に関連しており、わかりやすくするために次の5つにまとめることができます。

1.自己認識スキル
2.意思決定スキル
3.コミュニケーションスキル
4.目標設定スキル
5.ストレスマネジメントスキル

100歳まで生きる確率

100歳まで生きる確率は、男女ともに、1999年以降に生まれた方の場合、上記のようになっています。これらの方がなにより準備しなければいけないのは100年を幸せに生きる「お金」です。

ライフスキルに支障があると、「お金」を用意できなくなります。なぜでしょう?
今日を生きるのに精一杯になってしまって、ライフプランを設計できなくなるからです。
もっともわかりやすい事例が、生産的なことに時間を投資できずに、浪費に走るからです。

今が苦しくて快を求めて、浪費に走ってしまうのです。つまり「現実逃避」です。
現実逃避の理由はあげればキリがありませんが、ストレスマネジメントができないなどライフスキルの欠如があります。

快は、消費社会では、ふんだんに用意されています。時間とお金を投入すれば簡単に入手できますが、知らず知らずに二極化されます。

問題は、あなたがどちらに所属することになるかです。

下流民か、自由民か?選ぶのはあなた。


自己実現を助けるライフスキルの育て方
努力家で、とっても性格のいい、やさしい人が、人生の大事な場面、たとえば恋愛、仕事、試験などで失敗してしまって、「自分なんか」と思うことも少なくありません。

恋愛して、できちゃった婚のはてに、シングルマザー。
寂しさと不安の解消を求めて快に走る。
挙句、幼児虐待から虐待死というのは、誰にでも起こりえる危険です。

「自分なんか」と思う必要なありませんよ。
ライフスキルが少しだけ不足しているだけなのです。

いつライフスキルを働かせるかが重要なのです。

ライフスキルは主体的な暮らしに欠かせない

ライフスキルをいつ働かせるのか、それが問題です。

ライフスキルとは、分りやすく言うと「生き方の技術」のこと。

自分の願望を実現したり、自分らしく生きるには、スキル(技術)がいるのです。

目的地に行くのに、クルマを利用しますが、クルマの運転技術がないとクルマがあっても運転できませんよね。それと同じです。

必要なライフスキルを身につけていないと、自分の気持ちをうまく伝えられなかったり、問題を解決できなかったり、周囲に流されてしまったりします。
つらいときにどうしていいかわからなかったりします。

努力家で、とっても性格のいい、やさしい人が、人生の大事な場面、たとえば恋愛、仕事、試験などで失敗してしまうことが少なくないのは、そういうことなのです。

これは、性格や頭のよさの問題ではありません。

そういう「生き方の技術」は、みんなどこで身につけているのでしょうか?
学校や家庭などで、学んでいくのですが、ほとんどは知らない間に無意識に学んでいます。

 

十二縁起

ライフスキルは無意識で学びます。

冷静に考えるとと怖いと思いませんか。
車の運転でさえ「免許皆伝」という仕組みをとっているのに、100年の人生を免許もなしに生きるのです。

お釈迦様は,「十二縁起」という仕組みを説いています。
人は無知(無明)からはじまりやがて年老いて死ぬ、すべては「因果」で成り立っていると説かれたのです。つまり縁起(因果)によって、原因があって事が起こり、結果が生じて、その結果を原因として、ただ転がるように生きているというわけです。

これだと免許は要りませんが、主体性はありません。
つまりライフプラン、ライフシフトを主体的に生きるには「ライフスキル」が必要なのです。

主体的であることを、クルマの運転にたとえるなら、コツがあるのです。
誰でも分る技術ですので、練習すれば身につけることもできます。

そして、コツは、いったん身につけるとシステム思考にも応用できます。
早ければ早いほど、後々影響力が違います。

ライフシフトのためにライフスキル

ライフスキル

身につけたスキルは、いったん身につけると他のことにもどんどん使えます。

恋愛で失敗したことから、リスタートしてスキルを身につけると、仕事に役立ちます。
仕事で失敗したことから、リスタートしてスキルを身につけると、恋愛に役立ちます。
仕事、健康、恋愛・結婚、習い事やスクール、子育て、介護ケア、海外留学・移住、日常のあれこれから、エンターティンメントまで、すべての場面で役に立ちます。

ライフスキルはこどもから大人まで、すべての人に必要なスキルです。

特に、これからお母さん、お父さんになる方は早く身につけることをおすすめします。
子育てにも強力な力を発揮するからです。
いじめが問題になっていますが、いじめられた時に、あるいは、いじめたいと思ったときに、どうすればいいかを選択し、行動する力になります。

あるいは思春期のこどもさんを持った方にも、大きな支援となります。

これから自己実現に向かって歩んでいこうとする人には、なにがなんでも身につけてほしい。

そしてしあわせをがっちりつかんでほしい。
ひとりの人がしあわせになることは、少なくとも数人は幸福になるのですから。
スキルを磨くチャンスがなかったために苦しい生き方をしている人がいっぱいいます。

新しいスキルを身につけるのは、いつからでも遅すぎることはありません。
スキルを身につけていくことは、自分の生き方を最大限、自分にひきよせ、自己実現していくことを容易します。

WHO(世界保健機構)が必要として定めたライフスキルには以下の10項目があります。

自己認識 Self-awarenessr
共感性 Empathy
効果的コミュニケーションスキル Effective Comunication Skills
対人関係スキル Interpersonal relationship Skills
意思決定スキル Decision Making Skills
問題解決スキル Problem Solving Skills
創造的思考 Creative Thinking
批判的思考(クリティカル思考) Criticai Thinking
感情対処 Copingwith Emotions
ストレス対処 Copingwith Stress

以上10の技術のことです。

ライフスキルe講座
ライフスキルで自分磨きONE to ONEのパーソナル・トレーニングライフスキルで毎日が出会いのチャンスライフスキルのメカニズムライフスキルで第二の成人式ライフスキル講座のスケジュールライフスキル講座の費用ライフスキル講座の目的ライフスキル

ライフスキル講座のご案内

ライフスキル講座のご案内

ライフスキル講座は、次のような二ーズに応えるセミナーです。
毎月、新規受講者を募集しています。期間は6ヶ月、メールとZOOMで対応します。
ZOOMは、One to Oneなので、パーソナルなお悩みに対応。安心してプライベートな悩みも相談していただけます。

  • 目的の持てる自分になりたい。
  • 自分が理想とする性格の人になって自分を好きになりたい.
  • 自分に率直で素直な人でいたい。
  • 現実から逃げずに自分と向き合えるようになりたい。
  • 恋愛依存症から脱皮して、快活な生活ができるようになりたい。
  • ライフスキル講座の目的 内容をもっと詳しく説明

 



ライフスキル講座

ゲンキポリタン(一般社団法人いきいきゴエス協会)

ライフプラン

マインドフルネス実践講座

マインドフルネス 不器用女子の好き避けライフ ライフスキル
アサーティブ ライフプラン・ライフシフト 整理収納

 

タイトルとURLをコピーしました