コミュニケーションスキル

感情に呑み込まれない人は6つの設問で目標を設定する

感情に呑み込まれない人は6つの設問で目標を設定します。情緒的な発言に終始する感情的な行動を得意とする人には、合理的な設問もプロセスの仕組みもありません。目標達成に情緒は関係ありません。時に情緒的に見える場合も実際には論理的で合理的なメカニズムが働いています。
アサーティブネス

メリットとデメリットからライフスキルを整理する

人は同じことを繰り返しながら、その特徴を強化していきます。すでに答えが出ているのですが、都度、そこまで深刻なものだとは考えません。ヒントはすでに好ましくない「一貫性」に出ているので早くキャッチして、ライフスキルを整えることをおすすめします。
アサーティブネス

相手のストレス軽減に役立つ感情を言葉で伝える方法

自己受容ができていないと、意見を否定されたら、自分が否定されたと思いがちです。そこで意見を言わないか、主語を使わないといった方法をとります。自分を受け入れていたら、自分を率直に表現できるようになります。受け入れてもらえないと決めつけ、思い込みが、いつ、どこで生じたのか、人生を遠回りしないように、自省しましょう。
アサーティブネス

最良の自分を伝えるために「感情的な行動」はしない

日頃の習慣、行動、人間としての質。自分の評判がどんな影響を与えているのか。評判とは、他人の目を気にするというのでなく、自分のスタンダードに到達するという約束。つまりスタンダート(基準)、約束とは、自分の存在証明以外のなにものでもないのです。
アサーティブネス

感情的な行動をしないように感情を知る練習をする

感情的な行動は「習慣化」した行動なので、繰り返す人は繰り返します。その繰り返しが人生を形作ります。感情的な行動は、とても危険な行為なのです。感情的な行動を防ぐために、いまここにある感情を知ることを習慣化していきましょう。
アサーティブネス

ライフスキルとアサーティブの歴史

アサーティブ(積極的な自己表現)とライフスキルは深い関係があります。ライフスキルの不足が自分を十分に相手に伝えられない難点を引き起こしますが、結果的に自分だけでなく相手を傷つけやすいことになります。アサーティブを理解するために、今回はアサーティブの歴史を辿ってみます。
コミュニケーションスキル

気が重くなるコミュニケーションには相手に原因がある

親しい関係とは、鬱憤のはけ口ではありません。この道理がわからない人が全世代に広がっています。人は年齢と共に成長しません。年齢に関係なく意識するから成長します。社会経験を積んでも、学業に励んでも、人間的な成長とは無縁です。自分が信用できる人間になるためにとことん学べしかなく、コミュニケーションはその成果を測定するツールです。
アサーティブネス

ライフスキルでアサーティブに自分を動かす

コミュニケーション能力をアップする上で重要なのは、自分の意見を率直に言えるようになることです。アサーティブ・トレーニングを意識していきましょう。アサーティブとは積極的に自己表現すること。ここではアサーティブ・トレーニングのために13の要素をご紹介します。
コミュニケーションスキル

目標が立てられない、コミュニケーションがうまくできないを解決する

「親しさとは、人権を軽く扱うことではない」・・・・これがコミュニケーションの基本です。親子の関係を考えていただくと、よくわかると思います。虐待には、これがないですよね。コミュニケーションの土台は、「信頼」です。コミュニケーション能力をアップする早道は自分への信頼です。ライフスキル(=EQ)は信頼力をアップすることから始まります。
アサーティブネス

うまく自分を伝えられない人が、伝えるコツを手に入れる習慣

うまく自分を伝えるにはコツがあります。コツをつかめば誰でも伝えることが得意になります。自意識過剰になるのをやめなさいと言ってもなってしまうのは仕方がありません。自意識過剰になっても伝える方法があります。伝えるコツを習慣にする方法のご紹介です。
タイトルとURLをコピーしました